川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

「斉藤一人 奇跡を呼び起こす『魅力』の成功法則」 柴村恵美子

この記事は約4分14秒で読めます

人生を劇的に変える秘訣、それは「いいとこみつけ」。いまいる“場所”、そこにある“物”、そばにいる“命”に「私を生かしてくれてありがとう」と感謝する。
この3つを1日3分続けるだけで、まるで人生の上昇ジェット気流に乗ったように、人生にいいことばかりがどんどんやってきます。

「1日3分間」これを実行すれば、いいことがたくさん起こります!

自分が住んでいるところ、自分の周りにある物、そして命があるもの、この3つのいいところを「褒める」「あら探しはしない」(この「あら探しはしない」ことが、とくに大事です)。
とても簡単で楽しいんです音譜この「国褒め」「物褒め」「命褒め」、この3つの「いいとこみつけ」は、毎日自分に向かい合う時間を作り、3分間実行するだけです。
3分間やったあとは充実感とワクワク感が同時にやってきて、すごく心地よくなります虹

詳しくは、柴村恵美子著「斉藤一人 奇跡を呼び起こす『魅力』の成功法則」をお読みくださいませ本(あれ?3分じゃ終わらない(^_^;))

私がこれを実践し始めたのは去年の夏の終わり頃からでした。
去年の夏、私は諸事情により、今も住んでいる、兄の借りているアパートに引っ越してきました。キッチンも付いていない、私だったら絶対に選ばないような物件でしたが、悠長なことは言っていられない状況でしたので、ありがたく(?)少し気難しい兄雷と一緒に住まわせていただくことにしました。

当時、退院してからあまり月日が経っていなかった私は、アパートの階段を上るのもひと苦労で、また、兄好みに作られた、黒と灰色がメイン色である部屋が非常に重く感じられオバケ、さらに非常に狭いユニットバスも憂鬱に感じられ、毎晩お酒ワインを飲んで酔わないとシャワーも浴びられないような状態でした。
(これがお医者さんにばれたら大変でしたね…(^_^;))

でも、この本に書いてある「国褒め」を実行し始めてから、徐々に考え方や状況が変化してきました。

やり方は、「日本っていいところだなあ、よかった、日本に住めて」「東京っていいところだなあ、よかった、東京に住めて」「○○っていいところだなあ、よかった、○○に住めて」と口に出して、または心の中で言っていくのです。

そのうち自然に「どうしてなんだろう?」「『いい』と言っているからには、何か理由があるに違いない」と脳は考え始めるようになります。

たとえば、「日本っていい国だよね。最近はぶっそうになってきたと言われるけれど、まだまだ安全だし」とか「四季チューリップピンクがあって、春になれば桜桜がきれいだし」「水もおいしい」「食べ物おにぎりもたくさんある」など、どんどんいいところが見つかるようになります。
駅から近かったら「便利でいいわ」、遠かったら「たくさん歩く走る人から体のためにいいわ」、三畳一間の部屋だったら、「座っているだけでなんでもとれちゃうから便利」とか。(うちはこれです(*^_^*))
どんなに狭いお部屋でも、雨露しのげるところがあるだけでも、ありがたいと感じるようになります。
「よかった、この部屋に住んでいて、雨雨が降っても濡れる心配がない」なんて、その気になったらいくらでも褒めるところが見つかります。

そうやって褒めていると、自分の住んでいるところが光り輝いてきます。キラキラ

これを実行していって、私と私の身の周りにどのような変化が起きたかというと…
まずは安く住まわせてもらえていることを兄に感謝するようになり、その変化が兄にも伝わったのか、私好みの部屋に改造させてもらえました。今では思いっきり女の子仕様の部屋です(*^_^*)ブーケ2
無機質な感じの兄の物も多少ありますが、あまり気にならなくなりました。

また、宅配便の配達員さんたちに対して感謝の心が芽生えてきましたクローバー
当時はまだ重いものを持てなかったので、買い物はほぼすべて(酒以外)、ネットで注文していたのですが、普通に上るだけでも大変な、エレベーターもないこのアパートの階段を、重い荷物を運んできてくださるんだから、感謝の気持ちを伝えないと、と思うようになり、毎回お菓子キャンディーを差し上げるようになりました。
また時間が許せばちょっとおしゃべりをしたりもするようになり、今では街中で会った時には、お互い挨拶をするようになりました(*^_^*)
ずっと東京に住んできた私には、信じられない状況です。

さらに、私の部屋の真下の、10年以上住んでいらっしゃった住民の方は、お部屋をごみ屋敷仕様ガーンにされていて、異臭が漂っていたのですが、私が越してきてすぐに引っ越して出て行かれました。
私からは何も言っていないのに…♪
むしろその方が出て行かれるまで、その方の存在と異臭の原因すら知らなかったのですが(^_^;)不思議です☆

その上、ある日突然大家さんが「あなたはとてもいい人だから、できるだけ長く住んでほしいから、今後は2年ごとの更新料はいらないよ」とおっしゃってくださったのですラブラブ

また、都内ではありますが、周りにあまりお店がないところであるため、不便だなあと思っていたのですが、人情味あふれる方々がたくさん住んでいる地域だと分かるようになってきました星

仕事柄、お釣り用に綺麗なコインを集めているのですが、(お札は銀行で新券に換えてもらえるのですが、コインはできないんです(*_*))近所のコンビニの優しい店員さんが、笑顔で分けて下さいます♪
私もお礼に新札の5千円札(お店では足りなくなることが多いので、その時の状況を聞いてから)で支払うようにしています。
これはのんびりとした土地ならではだなあと感じています。

そんなこんなで、今では心地よく暮らさせていただいていますニコニコ

部屋に遊びに来た友達からは、「すっごく狭いね。(正直すぎる…(^_^;))でも、なんだか穏やかな気持ちになれる、すがすがしい空間だね。長居したくなる。」と言ってもらえます。

他の二つの「物褒め」「命褒め」でもいろいろいいことが起きたので、ぜひためしてみてください☆

余談…
ある日、最寄駅から帰る途中、突然降り出した雨雨の中、ハンカチを頭に載せて小走りで家に向かう50代位のおじさまを見かけ、「風邪を引いたら大変!!」と思い、傘を差しだしたのですが、そのおじさまは「ありがとう。…ここはいいところですよね。下町の雰囲気が残ってますよね。
うちは代々ここに住んでるんですよ。
ところでうちの妻はこのすぐそこで○○教室をやっておりまして…。いやあ、しかし、相合傘をしていただけるとは、光栄です。
生きてて良かった…クラッカー
では私はこのへんで…」としどろもどろになりながら、民家のないところで立ち去られました…。

あれ?私、犯罪者か何かに間違えられてる??かお

でも純粋な方が多い、本当にいいところです星

スポンサーリンク


コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

最近のコメント

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。10数年前に自然消滅しました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも幸せに暮らしています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索