川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

豊かになること、技術が発展するということ

この記事は約2分10秒で読めます

皆様、こんにちは。
いつもありがとうございます。

今回は、「豊かになること、技術が発展するということ」というテーマで書きたいと思います。

先日、WBSの「トレンドたまご」のコーナーで、段差を超えられる車いすが芝浦工業大学の学生たちによって開発され、今後製品化を目指している、と紹介されていました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_84708/
私も過去に、短期間ではありますが、車いすを使用していた時期があるので、大変さはよく分かります。

車いすを使用している仲間の学生が段差などで苦労をしているのを見て作ったという、学生たちの温かい想いが込められているこの車いすが、ぜひとも早急に製品化され、多くの車いす利用者の方々の喜びにつながればと願っています。

また、古い記事ですが、携帯メールの出現によって、聴覚障がい者の外出に与えた影響がこちらの記事の後半で紹介されています。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/0302/19/n_syuwa.html

携帯電話のメールがなかった頃は、出先での連絡手段が絶たれてしまうため「待ち合わせに急な変更があっても連絡できず、2-3時間待ってしまうこともあった」と来店していた女性ユーザーは昔を振り返る。そうしたトラブルを解消してくれる携帯電話のメールサービスは、聴覚障害者にとっての必需品だ。

たしかに、耳の不自由な方々にとっては、携帯メールはなくてはならないものだと思います(今はLINEなのでしょうか?)し、携帯電話のテレビ電話機能を使った手話サービスも開発されれば、耳の不自由な方がまた一つ自由を得られるようになると思います。そのような機能を、切実に必要とされている方々がいらっしゃるのです。

こうした、技術がどんどん進歩し、便利なものがあふれている日本の現状に対して、「贅沢ではないか。これ以上技術を進歩させて意味があるのか」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、豊かになる意味について、有名ブロガーであるちきりんさんが核心を突く記事を書かれていました。

ちきりんのブログ「豊かになる意味」
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20080223

経済発展して何の意味があるのか、という問い。人は本当に経済発展と共に幸せになっているのか?という問い。便利なものはなかったけれど、昔の方が幸せだったのではないかという疑問。
「これらの疑問や問いは、強者が感じるものなのだ」と気がつきました。階段がなんなく上れて、車やバイクで大混雑している街でも移動に困らない、そういう人だから「贅沢では?」などと思うのだということを理解したのです。

私もまさしく、この通りだと思います。

私も過去に入院していた時には、病院の様々な最新の機器にも助けられましたし、退院してからも、スーパーの宅配サービスやネット通販、外出先で体調が悪化した時にはデパートの車いす貸出しなどの様々なサービスによっても大変助けられました。
こういった恩恵を受けることができたのも、日本の経済や技術が進歩したおかげだからこそだと思います。

今後高齢化が進み、ますます社会的弱者が増えていく日本において、さらなる技術の発展は必要なことだと感じています。
そして、そのような技術を開発してくださっている方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

当ブログをお読みいただいている皆様に感謝し、皆様のますますのお幸せを祈っています。

川島真彩

スポンサーリンク


コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

最近のコメント

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。10数年前に自然消滅しました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも幸せに暮らしています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索