川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

人を動かす天才、吉田松陰及び松陰神社について

この記事は約4分49秒で読めます

吉田松陰と松下村塾

時代を読み解く先見性と類まれな行動力で、明治維新の先駆者となった吉田松陰(よしだしょういん)。彼が開いていた学校、「松下村塾」(しょうかそんじゅく)は奇跡の学校と呼ばれています。
今回、松下村塾はどうして奇跡の学校と呼ばれているのか、また、松陰は松下村塾でどのようなことを生徒たちに教えていたのかを分かりやすく紹介していた本がありましたので、備忘録を兼ねてこちらでその内容をご紹介させていただきます。

松陰は、江戸時代後期、幕末の人です。長州(今の山口県)の「萩」(はぎ)で、松下村塾を開き、79人の若者に様々なことを教えました。その門下生には、高杉晋作(たかすぎしんさく)、久坂玄瑞(くさかげんずい)、よくテレビの新撰組に登場する桂小五郎(かつらこごろう)…後の木戸孝允(きどたかよし)、伊藤博文(いとうひろぶみ)、山縣有朋(やまがたありとも)という人たちがいました。

この松下村塾が実質的に松陰の手によって開かれていたのは、安政3年(1856年)9月から安政5年(1858年)12月に至るわずか2年4か月の間です。
そして、これほど短い期間しか学校を開けなかったのにも関わらず、その時代に門下生の中で、5,6人がヨーロッパに留学しているのです。言葉も分からないあの時代に、ヨーロッパってどこにあるの?という時代に、日本を良くするためにヨーロッパに学ぼうと、留学しているのです。さらに、その門下生の中から、明治維新後の総理大臣が二人出ています。初代総理大臣の伊藤博文と、三代目の総理大臣、山縣有朋です。そして10数名の大臣も出ています。松下村塾からは、明治維新を遂行し、明治政府を担い、今日の日本の基礎をつくった多くの人材が出ているのです。
そしてすごいのは、「79名の若者」は、優秀な人たちを集めたわけではない、というところです。松下村塾に集まっていたのは、片田舎の若者たちでした。そこには農民の子、武士の子、商人の子…いろんな若者が集まっていました。

吉田松陰は子どもたちから「松陰先生」と呼ばれていたのですが、松陰先生が教えたことは、結局その79人の若者たちに、「お前は何のために生まれてきたのか」「お前の生まれてきた役割は何か」ということを教えた…というよりは、気づかせた、ということです。「お前の長所はこういうところだぞ。これから、それを活かして、どう世の中の役に立っていくんだろう?」と。

比田井和孝 比田井美恵著 『あなたの人生が変わる奇跡の授業』より

自分の長所、役割に気付いた人は、すごいパワーを発揮します。その後、松陰は安政の大獄で、満29歳2か月で刑死するのですが、松陰が処刑された後も、門下生たちは自分の力で日本のために活躍していきます。

松陰が教えていた当時、中にはこのようなことをいう門下生もいたそうです。「松陰先生、世の中に生まれてきた役割って言われても、私には分かりません」。そんな門下生に対して、松陰はこう言ったそうです。

「”至誠”を貫きなさい。”至誠”とは、普段やらなければいけないことを、真剣に本気で、誠意を持ってやることだ。朝起きたら、玄関の掃除、鳥のエサやり、布団干し…そういうことを真剣にやりなさい。絶対に手を抜かないで、とにかく真剣にやりなさい。そうしたら、いつか自分の役割が必ずわかる」

比田井和孝 比田井美恵著 『あなたの人生が変わる奇跡の授業』より

そのとき与えられた仕事を、本気できちっとやっていったら、「あ、自分が生まれてきた役割ってこういうことかなあ」と気が付くそうです。ですから普段が大事ということです。普段どれだけのことをやっているか、それが大事だと、松陰は教えたそうです。私も、普段の生活で至誠を貫いていきたいと思います。

松陰の遺した言葉

当時も多くの人から慕われ、長い年月を経て今もなお多くの人々の心に火を灯す、松陰の言葉、生き方。彼の遺した言葉はいろいろとありますが、その中で私が特に好きなのは、この言葉です。

「己を以て人を責むることなく、一を以て百を廃することなく、長を取りて短を捨て、心を察して跡を略(と)らば、即ち天下いづくにか往くとして隣(りん)なからん」
ー(野山獄文稿「富永有隣(とみながゆうりん)の説」)楠戸吉昭著 「吉田松陰『人を動かす天才』の言葉」より

意味は、「自分の価値観をもって人を攻撃してはいけない。一つの失敗でもって、すべてを判断してはならない。相手の長所を取り上げて、短所は見ないようにする。相手の心を察して、結果が悪くても許す。そうすれば世の中、どこへ行っても人は慕って集まってくる」。相手の立場で考えることの大切さを教えています。松陰自身が、この言葉通りの人柄だったのでしょう。松陰の、物事の本質を鋭く見抜く力が表れた言葉だと思います。

松陰神社と松下村塾学び館

松陰の墓は、東京都世田谷区にある「松陰神社」の境内にあります。(松陰神社は、こちらの世田谷区と、山口県萩市の2か所にあります)
世田谷区にある松陰神社は、東急世田谷線松陰神社前駅下車、のどかな雰囲気の松陰神社通り商店街を北へ徒歩約3分のところにあります。ホームページはこちらです。

DSC_0393

こちらは、境内にある、松陰の像です。
DSC_0396

そして境内には松下村塾の模築(もちく)もあるのですが、私が訪問した時は修繕工事中でした。(工事期間は平成28年2月10日~10月中旬の予定です)こちらは模築のところに掲げられている看板です。漢字にふりがながふってあり、親切ですね…(*^_^*)

DSC_0397

そして修繕工事中の、松下村塾の模築です。猛暑の中、職人さんたちが修繕工事に汗を流してくださっていました。頭が下がります…。

20160809_135446_782

なお、松下村塾の模築は他にもあり、萩にある松陰神社の境内、玉川大学(東京都町田市)、徳山大学(山口県周南市)、山口県立奈古(なご)高校(山口県阿武町)、竹村記念公園(秋田県大館市)、山口放送局(山口県周南市)、道の駅 萩往還(はぎおうかん)公園(山口県萩市)にもあります。かつての教室を見学して、松陰の教えを実感したいと思う訪問客が後を絶たないそうです。

そしてこちらは「明治百年祭記念碑」。近くには、たくさんの絵馬が掛けられていました。

DSC_0398

そして、松陰神社前駅と、松陰神社を結ぶ商店街の中に、「松下村塾学び館」がありました。「松下村塾学び館」についてはこちらをご覧ください。入場無料の資料館です♪

DSC_0400

館内の様子です。壁には志士たちの履歴書も…(*^_^*) ユーモアがありますね♪

DSC_0401

そして「月刊松下村塾」などの資料や、ここでしか手に入らないオリジナルTシャツ、トートバッグ、絵葉書などの販売もしています。
DSC_0402

DSC_0403

「松下村塾学び塾」の塾生を募集をする張り紙も。松陰の遺した熱い想いは、今も生きています。
DSC_0404

そして座って資料を読める、勉強スペースもあります♪ 猛暑の中での訪問でしたので、こちらでしばし涼みながら資料を読ませていただきました(*^_^*) ありがとうございました。
DSC_0405

幕末を理解するためにお薦めの本

衝撃の黒船来航から、わずか14年半で、それまで約260年も続いていた江戸幕府は滅亡しました。しかし、短期間で滅んだとはいえ、その過程は複雑なものでした。「幕末ほど、様々な勢力がぶつかりあって新しい日本を生み出していった時代は他にありません。(中略)この本は、漫画ではあっても伝説めいた話を省き、できるだけ史実にのっとった内容になっています。」(本書「はじめに」より引用)

混沌とした幕末を理解するのに役立つ本だと思います。学生時代に出会いたかったです…。

スポンサーリンク


コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

最近のコメント

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。10数年前に自然消滅しました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも幸せに暮らしています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索