川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

体罰 – 絶対にすべきではない理由

この記事は約5分50秒で読めます

ものみの塔は信者であるエホバの証人に対して、長年に渡り体罰を指示していました。しかし近年、体罰に関する研究が進み、その悪影響について明らかになってきています。

体罰をすべきでない理由その1…体罰は子どもの「生きる力」を奪う

体力が圧倒的に弱い子どもにとって、大人からの体罰は脅威となり、恐怖を植え付け親に対する信頼感を失わせます。

体罰を受けることを恐れて反射的に言動を選択するようになるため、子どもが自分で最善の方法をじっくり考えて選ぶことができなくなり、子どもが本来持っている「生きる力」を発揮できなくなってしまうのです。
体罰を受けると「自己評価が低下する」、「うつになりやすい」、「学校の成績が悪くなる」といったことも指摘されています。

最近、子どもの頃に3年以上に渡って年12回以上の頻度で、物で殴られるような強い体罰を受けた人と、体罰を受けていない人の脳画像を青年期になって比較するという研究が行なわれました。その結果、体罰を受けた人の脳画像は右内側前頭前野や左背外側前頭前野と呼ばれる部位などの灰白質が小さく、左背外側前頭前野が小さいほど知能検査の動作性IQが低かったそうです。(白尾直子著『児童精神科医ママの子どもの心を育てるコツBOOK』より)

私のどうしようもないほどのトロさ、不器用さ、納得です…。
白尾先生は同著で「前頭前野は認知機能や社会性と関連が深いので、幼少期に体罰を受けることで前頭前野の発達に遅れや乱れが生じ、こうした変化が子どもの状況判断や社会性の弱さにつながり、さらに体罰が生じやすくなるという悪循環ができてしまっているかもしれません」と述べています。

また、2002年、体罰を受けた3万6千人を対象にしたアメリカの調査では、体罰が、一時的には親の命令に従う「効用」がある一方で、長期的には①攻撃性が強くなる②反社会的行動に走る③精神疾患を発症する、などのマイナス面が見られることが判明したそうです。(参考:子どもすこやかサポートネット体罰の研究

体罰をすべきでない理由その2…体罰は暴力の連鎖につながる

体罰を受けて育つと、体罰を容認するようになるケースは少なくないそうです。

親からの体罰は、「場合によっては暴力をふるってもいい」というメッセージを子どもに伝えることにもなります。
体罰を受けて育った子どもは、大人になっても怒りの感情を持ち続けるため、将来の恋人や結婚相手、子どもなどに暴力をふるう確率が高くなります。
『児童精神科医ママの子どもの心を育てるコツBOOK』白尾直子著より

白尾先生によると、容認するケースは主に次の2つのタイプに分けられるそうです。

  • 体罰を受けて良かったというタイプ

その人の子ども時代には「殴ってでも厳しくしつけるのが良い」という意見が主流だったかもしれませんし、その人は暴力によるしつけを受けてもうまく成長することができたかもしれません。でも、それはその人がとても強靭な精神力を持っていたか、ご両親が体罰以外のところで上手に愛情を伝えてくれていたのかもしれません。

体罰を肯定する人は、自分が受けてよかったから、と思われてのことでしょうが、たとえば、自分が飲んで治った薬でも、その後の調査で、長期的に見れば深刻な副作用が出る可能性があるとわかれば、自分の子どもには飲ませないと思います。
もし、ほかに副作用のない薬があるなら、そちらを使うのではないでしょうか。体罰も同じだと思います。
子育てハッピーアドバイス2』明橋大二著より

  • 体罰がとても辛かったにも関わらず、容認するというタイプ

「ほかのしつけ方は知らないし、体罰に頼るしかないかな」という動機です。誰でも子ども時代は一度しかありませんから、親の子育てをお手本にするのは自然なことです。

自分が子どもを持ってみると、「親もよかれと思って、こうしてくれていたのだろう」と肯定的に受け取れるようになることもあります。また親の育て方を否定することは、今の自分を否定することにつながるという気持ちもあるかもしれません。そして子ども時代の苦しかった記憶を持っていると心の健康を損ねてしまいかねないので、「苦しんだなりに、意味のあることだったんだ」とポジティブな記憶に置き換えることも人間の心の適応的な反応といえます。
でも、本当は親だって間違えたり失敗したりすることもあります。(中略)自分が育てられた方法と、子どもの育て方を変えることは、親や自分を否定することにはなりません。少なくとも一度は「自分はこう育てられた」という経験の枠をはずして、改めて「わが子をどう育てたいか」を考えてみるのも大事なことではないでしょうか。
『児童精神科医ママの子どもの心を育てるコツBOOK』白尾直子著より

体罰をすべきでない理由その3…体罰では良心は育たない

小さい頃から頻繁に体罰を繰り返されると、子どもは萎縮し、恐怖心を持ち、自信を失ってしまいます。
また体罰を避けるために、大人の前ではおとなしくなりますが、見ていないところでは守ろうとしません。体罰を使った子育ては「恐怖政治」のようなものだからです。
そのため、善悪の判断や行動のコントロールを主体的に学ぶ機会を奪われてしまいます。

うそやごまかしを平気でやる人たちの育てられ方を調べたら、親がむやみに体罰その他の罰を与える特徴があったそうです。
いちばん大切な「良心」が育っていなかったのです。これではしつけとはいえないでしょう。
しつけの目標は、人に言われなくても、自分で判断し、自分をコントロールできることだからです。
子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わるほめ方・叱り方2』明橋大二著より

日常的に体罰を受け続けると自分の心を麻痺させなければ耐えていけなくなります。
そうすると、自分の痛みを感じなくなるばかりか、他人の痛みも感じられなくなり、他人を傷つけてしまうこともあります。
『Q&Aヘルプ!子どもの権利110番』より

体罰に関する世界的な流れ

多くの虐待は、「しつけのための体罰」(ものみの塔の場合は「懲らしめ」)と称して行われていることから、体罰は、虐待の温床となっているともいわれています。
そのことから、世界的な流れとして家庭での体罰を含むあらゆる子どもへの暴力を禁ずる法律を制定する国が徐々に増えています。現在、世界で51カ国がそのような法律を制定しています。

そのさきがけとなったスウェーデンでは、1979年に世界で初めて体罰全面禁止の法律を制定し、体罰に替わるしつけの方法について大々的なキャンペーンを行いました。その結果、1960年代には、90パーセント以上の親が子どものしつけに体罰を使っていましたが、年々その率は下がり、2000年代には、10パーセント以下になっています。それに伴って、スウェーデンでの虐待件数は、国際的に見てもかなり少ないレベルまで減少しました。
子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わるほめ方・叱り方2』明橋大二著より

日本では学校や施設での体罰は法律で禁止されていますが、今現在、まだ家庭での体罰は禁止されていません。しかし日本でも体罰のリスクがもっと啓発されれば、確実に虐待の数は減ることでしょう。

どうしても体罰をふるってしまうときには

子どもを信じれば、必ず子どもから信じられるようになります。
しかし残念ながら、ものみの塔の信者である私の母は私を信じていませんでしたので、私も母のことを信じることができず、また体罰などによって心は母から遠く離れて行きました。

体罰が子どもの心や脳の成長に悪い影響を及ぼし、その影響が青年期以降にも持続するというデータが蓄積されてきた今、やはり暴力や体罰によるしつけに頼らず、ほめるしつけ、子どもに共感するしつけを活用することが大切だと思います。(こちらのページに私のお薦めの育児本について掲載しております)

思いやりのある子を育てるのに、たたいて教える必要はありません。
がまん強い子になってほしいなら、まずは大人が忍耐強く待つことです。
子どもは大人の行動を見ています。
やった結果は、必ず自分に返ってくるのです。

カッとしてつい子どもを叩いてしまうこともあるかもしれません。子育てハッピーアドバイスシリーズの著者、明橋先生は以下のように述べています。

でも『本当は体罰はいけない』という自覚があれば、抑止力が働きますし、何らかのフォローがなされるでしょう。
その気持ちさえあれば、やがて体罰をせずに済むようになったという日が必ず来ます。
頭では分かっていてもどうしてもしてしまうのは、それだけ精神的にいっぱいいっぱいになっている、ということなので、ぜひ子育て支援センターや市町村の子育て相談窓口、児童相談所、地域の保育園などのサポートを得ていただきたいと思います。

その他のサポートとして、名前を言わずに電話で悩みやグチを先輩ママたちに聞いてもらえる「子育て応援電話 ママパパライン」というサービスもあります。いやならいつでも電話を切れるという、気軽に相談に乗ってもらえるこのようなサービスも、子育てに行き詰まったり、話相手がほしい時に助けになると思います。

どうか体罰に関する正しい知識が広がり、被害を受ける子どもがいなくなることを、そしてすべての親子の未来が明るいものでありますことを願ってやみません。

川島真彩

スポンサーリンク


コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。2000年に自然消滅(ものみの塔組織から平和的に離れること)をすることができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索