川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

秋桜さんの排斥体験

秋桜さん 30代女性

私は元エホバの証人2世の者です。
小学4年で伝道者になり、中学3年の時にバプテスマを受けました。
25歳の時、未信者との結婚と出産、及び新しい家族をものみの塔組織に入れることを拒否したために排斥になりました。私は自然消滅を計画していましたが、母が長老に告げ正式な手順で(笑)排斥になりました。
当時はすでに一人暮らしでしたし、現在は新居で夫と子どもたちと暮らしているので、JW現役の母や妹たちと私の関係は、“離れて暮らす家族(排斥者)”扱いです。挨拶や会話など、一切禁止です。
たまに実家に行っても、私には 挨拶はしません。お土産を渡しても「あぁ」です。
子どもたちのことで少~し会話するくらいで、食事を作ってくれても一緒に食べることもしません。“不信者と食事はしません”です。

排斥されて少し経った頃、私は数ヵ月入院しました。
そして退院してから、母から下記の手紙が届きました。

『秋桜様』
度々の入院、療養で貴女の世話をしましたが それは本来はしてはいけないことです。
私達三人は開拓者として会衆に仕えています。忠誠を示したいのです。
私の教え方が悪く措置についてハッキリ理解していないのではないか、と思い手紙を書きました。娘や孫に 祖母や叔母たちは冷たいと思っていますか?貴女のために私達三人はどれだけ涙を流したことか…考慮してください。貴女と家族の将来を深く考えてください。
これが最後の手紙です。辛いときは…なにも言いません。涙と共に…母

この手紙を暗記するほど読みました。何度も何度も繰り返し読みました。
ついに私を捨てる宣言の手紙だ。母の中では霊的仲間、霊的家族が中心になっているんだ。
血縁排斥者への最後の手紙がこれなんだ、と。
こんな内容でも捨てられませんでした。

父が難病指定の血液の病気になったとき、珍しく母から私に電話がありました。
「秋桜夫さんの名前で輸血承諾書にサインさせて欲しい」と。夫は快く承諾していました。
私は複雑な思いでした。父も夫もJWの信者ではありません。治療で輸血するのは父なのに、開拓者の母はそこでも自分の信条でサインしないのです。排斥の娘の名前でサインするのは引け目を感じたのでしょうか。排斥娘の夫には躊躇なく頼んできました。
父を振り回し、私の夫までJWの信条に付き合わされている。いえ、利用されているのではないか!初めてJWへの強い憤りが湧きました。

今年に入って妹がJWの男性と結婚することになった際も、JWの排斥忌避措置は家族関係に深い傷をつけてくれました。
まず結婚の報告はありませんでした。父が電話で知らせてくれました。
多分妹は招待するつもりもなかったのでしょう。
排斥された元信者は、たとえ家族であっても JWの結婚式に参加できないのです。
「霊的仲間や霊的家族が躓くから」です。
JWの信条では、血縁の親戚が「あれ?」と思うことでも、一切関係なく、考慮しないのです。
この結婚式の件で色々あったのですが、アメーバブログに書いたので省略します。(この件については http://ameblo.jp/doranene555/entry-11896051413.html をご参照ください)

妹からの秋桜夫宛の招待状には、秋桜宛にメモ用紙が同封されていました。

『秋桜様』
結婚開催地へ来るのは自由ですが、
結婚式への参加は控えてください。
エホバの証人の結婚式なので。

排斥されるとJWの結婚式へは参加できません。
たとえ血縁でも。
そして、秋桜は妹の結婚相手に一度も会うことなく、会話することもなく親戚関係になりました。写真や結婚式のビデオは見ましたが、年齢が分かりません。多分会っても妹の夫とは分からないと思います。そしてその方からも私は忌避されるのでしょう。
知り合いでもないのに いきなり忌避されるのは 不満ですし、陰湿な苛めにしか思えません。
こんな失礼なことを、JWは本当にやります。
89歳になる祖父の葬儀が将来あった時に、私は義弟と対面するのでしょうか。
葬儀でJWが出来ることは限られるので 揉めそうです。今から憂鬱になります。

私が排斥になってもうすぐ10年がたちます。
排斥の発表があった瞬間から 仲間は離れていきます。かつての仲間から、完全に無視されるのです。

私が、JW時代に仲の良かった親子とスーパーで遭遇したときのこと。
彼女達は神権家族で全員開拓者。大会でもインタビューされたりする家族です。
性格も良く 本当に良くしていただいた家族でした。それでも、排斥者への忌避行為はしてきます。
ジーッと買い物している私と子どもを見ているのです。無表情に。
不審者かと思うくらい二人でジーッと見ていました。

別のご夫人達は「あら、あれ秋桜ちゃんじゃない?」「まだいるのかしら、こっちに。」
「引っ越したわよね?会いに来たのかしら?」とヒソヒソ噂です。

JWにはもっと礼節があると思っていました。
排斥者に無礼であれと聖書に書かれていません。
排斥を忌避と表現するのは こうしたことが積み重なっています。

『忌まわしい者として避ける=排斥』

自然消滅を計画していましたが、長老に私の結婚や妊娠を告げたのは母です。結果排斥になりました。

今も 私を忌まわしい者として避ける母に聞きたい。
「長老に告げた時、あなたの娘や新しい命は、あなたから見て忌まわしい避けるべき者と思っていたのですか?」
「父の命より、信条が、神への忠誠を示すのが大切なのですか?」
「血縁の家族より、霊的家族がそんなに大切なのですか?」
至上の愛の神エホバは、この母や妹たちの専心を良しとして楽園へ迎えてくれるのでしょうか。実の子、姉を、霊的に死んだものとして忌まわしい者と避け続ける母たちを、褒め称えてくれるのでしょうか。
信者ではない父や娘婿を、JWの信条で不都合な時に利用する母たちを。

エホバは、「人が一人のままでいるのは良くない」と伴侶を授け、「地に満ちるように」、と楽園に置かれました。
家族をバラバラにするのは、結婚創始者の目的なのでしょうか。

違うと思います。

排斥措置は非人道的措置です。
家族への愛を奪います。
一番心を許せる居場所を奪います。
新しい家族の関係を奪います。

これがエホバの証人の言う「愛の神の組織」なのです。
この組織から出た者には、愛を示すことはありません。
限定的で、狭く、条件付きの愛情しかエホバの証人には存在しません。

秋桜の排斥体験は以上ですが、エホバの証人が存在する限りまだ続きます。
傷つく方が少なくなること 心から願っています。こんな経験をする方がいないことを。

体験談一覧へ 次の体験談へ

スポンサーリンク


スポンサーリンク

電子書籍の紹介

最近のコメント

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。10数年前に自然消滅しました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも幸せに暮らしています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索