川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

配偶者がエホバの証人になってしまったお父さん(お母さん)へ

私の母は、熱心なエホバの証人(JW)でしたが、父はJWを嫌い、母と子どもたちを「迫害」していました。

良きエホバの証人になること、また他のどんなことよりも、エホバの証人としての活動を優先することを強要する母と、それを防ごうとする父の元で育った私は、両親のどちらの指示に従っても、もう一方からの「迫害」を受けるという板挟みの子ども時代を送りました。

ものみの塔の教理で、この世(エホバの証人以外の一般社会)は悪魔サタンに支配されていると繰り返し刷り込まれていた私は、「やはり父は悪魔サタンに支配されているから、このような行動に出るのだな」と思い込んでしまっておりました。
当時は子どもだったとはいえ、父に対して本当に申し訳なく思っております。

ものみの塔によってこれまで多くの家庭が崩壊してきましたが、一番心に傷を負うのは子どもたちです。
たとえ子どもたちが、本気でものみの塔の教義を信じてしまっていたとしても、どうか子どもたちの味方になってあげてください。

子どもたちは、純粋な気持ちで「大好きなお母さんの笑顔が見たい」とか「エホバや、信者たちに認められたい」と、必死に「模範的なエホバの証人」を演じていたり、「ハルマゲドンで滅ぼされたくない。楽園に行きたい」とあらゆる我慢をしているのです。

エホバの証人の子どもたちは、ものみの塔の上層部から出される指示によって、大学に進学しないよう圧力をかけられています。さらに、正社員の仕事ではなく、できるだけ多くの時間を組織に捧げられるような仕事を選ぶよう、そして一般の子どもたちとはあまり深く関わらないよう、圧力をかけられています(地域差、各家庭での差はあります)。
加えて、エホバの証人に対して否定的な情報は「背教者が嘘をついている」「悪魔サタンの影響下にある情報」などと教え、そのような情報に触れさせないよう、信じさせないようにされています。

様々なことを禁止され、抑圧されている子どもたちが、父親にまで「迫害」されてしまっては、逃げ場がありません。子どもたちの未来のために、どうか子どもたちの心に寄り添って、最後まで子どもたちの味方でいていただきたいと願っております。

私も今は、母と一緒に「迫害」されるのでなく、家の中で唯一信者でなかった父親にあの地獄のような信仰の世界から救い出して欲しかったと思っております。

奥様が信者になってしまわれたお父さん(旦那様が信者になってしまわれたお母さん)。子どもたちがものみの塔によって、進学や就職の夢を絶たれたり、精神を病んで人生を通じて苦しむようになってしまう前に、なんとしてもこの状況から救い出してあげてください。

子どもたちをこの過酷な状況から救ってあげられるのは、家庭ではお父さん、あなただけなのです。

親の立場にある方で配偶者の方が信者になってしまった場合は、こちらのサイト「エホバの証人Q&A」の中のコーナー「JW解約への道」に掲載されている「自分の妻がJW と研究を始めてしまった時の対策」が助けになるかと思いますので、併せてご覧いただければと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

電子書籍の紹介

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。2000年に自然消滅(ものみの塔組織から平和的に離れること)をすることができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索