川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

川島真彩からのメッセージ

川島真彩の経歴とメッセージ

当ホームページをご覧の皆様へ ~川島真彩の経歴とメッセージ

こんにちは。

私は、元エホバの証人2世の川島真彩(まあや)と申します。
私は生まれた時から、母親が熱心なエホバの証人(以下JW)の信者で、父親は迫害者でした。

幼少期から、エホバの証人の母体である「ものみの塔聖書冊子協会」指導による様々な制限や虐待を受けておりました。
また、間もなく激しい迫害が始まって、それからハルマゲドンが来るという教義によって、恐怖の日々を送っていたため、小学生の頃は自殺を考えていました。
私は組織に対して恐怖心や疑念を持っていたため、長い間、ずっと組織を離れたいと願い続け、2000年に自然消滅(ものみの塔組織から平和的に離れること)をすることができました。

しかし、それまで毎日のように教え込まれていたものみの塔の教義によって、また虐待の後遺症によって、その後もしばらく苦しみ続けていました。

それでも一般の友人たちに恵まれたこともあり、また保育の仕事を通じてたくさんの赤ちゃんたちと触れ合うことによって、徐々に苦しみも薄れていきました。
そして周りの方々に自分がJWであったことも告げることもなく、次第に平穏な日々を送るようになりました。

ところが2013年に、命の危険を伴うほどの病気になり、死を覚悟した時に、これまで自分がエホバの証人の子どもたちを助けるために何もしてこなかったことを非常に後悔し、もし生き延びることができたら子どもたちを助けるために行動することを決意しました。

無事に退院することができた後の病気療養中に、大量の本を読み続けました。
たくさんの良書を通じて、「なぜ自分は子ども時代にあんなにひどい目に遭わなければいけなかったのか?」「人は何のために生まれてくるのか?」「幸せになるためにはどうしたらいいのか?」「人は死んだらどうなるのか?」という疑問に対する答えを見つけました。
世の中の賢人たちの著書の中で彼らが述べている事柄には共通点があり、自分が体験してきたことと照らし合わせても納得のいくものでしたので、これが真実ではないかと思うようになりました。
そして、彼らの教えを実践していくうちに、だんだんと「自分はこの世に生まれてきても良かったのだ」と思えるようになり、人間関係のトラブルもなくなり、幸せと思える出来事が次々と起き始めました。

未熟で、ハンデもある私を支え続けて下さっているすべての方々へ
いつも本当にありがとうございます。
皆様のサポートなしでは、ここまで来ることはできませんでした。
心より感謝しております。

また、皆様への感謝の気持ちとして、自分の考え方、生き方を変えた本をお勧めの本のコーナーの「私の人生を変えた本」一覧でご紹介しております。
こちらでは、宗教的に中立の立場を取っていらっしゃる方々が書かれた本を掲載しております。
皆様の参考になれば幸いです。

そして、私のお母さんへ。
ものみの塔の教義を忠実に守って、2014年から「背教者」となった私を忌避し、会うことも口を利くことも許してもらえていませんが、私は、本来のお母さんは、心優しい、純粋な人であると信じています。
今、こうして毎日が幸せなのは、あなたが私を生んでくれたから。
生んでくれて、ありがとうございます。
いつかお母さんと、親子として、会話ができる日を心待ちにしています。

私は、ものみの塔の被害者を減らすため、特に子どもたちを助けるため、そして一人でも多くの方に幸せになっていただくために、2014年11月に当ホームページを公開しました。
以来、一般の方々を含む多くの方々にご閲覧いただいております。
当ホームページが、少しでも皆様のお役に立てたなら、そして願わくは命を救う一助となったなら、これ以上嬉しいことはありません。
また、私自身は、ご縁をいただいた方々にとって、癒しの存在になれたら幸いです。

当ホームページをご覧いただいているすべての方々に すべての良き事が雪崩(なだれ)のごとく起きますように。

川島真彩

スポンサーリンク


コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

最近のコメント

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。10数年前に自然消滅しました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも幸せに暮らしています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索