川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

エホバの証人の周囲の方々へ

配偶者がエホバの証人になってしまったお父さん(お母さん)へ

私の母は、熱心なエホバの証人(JW)の信者でしたが、父はJWを嫌い、母と子どもたちを迫害していました。
良きエホバの証人になるよう、また他のどんなことよりも「王国をいつも第一に求める」ことを強要する母と、それを防ごうとする父の元で育った私は、両親のどちらの指示に従っても、もう一方からの迫害を受けるという板挟みの子ども時代を送りました。

ものみの塔の教義で、この世(エホバの証人以外の一般社会)は悪魔サタンに支配されていると繰り返し刷り込まれていた私は、「やはり父は悪魔サタンに支配されているから、このような行動に出るのだな」と思い込んでしまっておりました。
当時は子どもだったとはいえ、父に対して本当に申し訳なく思っております。

ものみの塔によってこれまで多くの家庭が崩壊してきましたが、一番心に傷を負うのは子どもたちです。
たとえ子どもたちが、本気でものみの塔の教義を信じてしまっていたとしても、どうか子どもたちの味方になってあげてください。

子どもたちは、純粋な気持ちで「大好きなお母さんの笑顔が見たい」とか「エホバや、信者たちに認められたい」と、必死にいい子を演じていたり、「ハルマゲドンで滅ぼされたくない。楽園に行きたい。」とあらゆる我慢をしているのです。
また、進学をしないよう、正社員の仕事に就かずに、できるだけ多くの時間を組織に捧げられるような仕事を選ぶよう、そして一般の子どもたちとはあまり深く関わらないよう、圧力をかけられています(地域差、各家庭での差はあります)。
加えて、エホバの証人に対して否定的な情報は「背教者が嘘をついている」「悪魔サタンの影響下にある情報」などと教え、そのような情報に触れさせないよう、信じさせないようにされています。

様々なことを禁止され、抑圧されている子どもたちが、父親にまで迫害されてしまっては、逃げ場がありません。子どもたちの未来のために、どうか子どもたちの心に寄り添って、最後まで子どもたちの味方でいていただきたいと願っております。

私も今は、母と一緒に迫害されるのでなく、家の中で唯一信者でなかった父親にあの世界から救い出して欲しかったと思っております。
奥様が信者になってしまわれたお父さん(旦那様が信者になってしまわれたお母さん)。子どもたちがものみの塔によって、進学や就職の夢を絶たれたり、精神を病んで人生を通じて苦しむようになってしまう前に、なんとしてもこの状況から救い出してあげてください。
子どもたちをこの過酷な状況から救ってあげられるのは、家庭ではあなただけなのです。

親の立場にある方で、配偶者の方が信者になってしまった場合は、こちらの「エホバの証人の夫たち」のサイトをご覧頂けると助けになるかと思いますので、併せてご覧いただければと思います。
http://www.jca.apc.org/~resqjw/

医療に携わる方々・各種相談窓口の方々へ

医療の専門知識のない者が訴えかけるのは極めて恐縮ですが、エホバの証人の内部事情を知った者として是非とも知っていただきたい事柄があります。

エホバの証人といえば輸血を拒否することで有名ですが、近年、さらに顕著になってきている問題が、エホバの証人の信者に精神病を発症する人が異常に多いということです。
個人個人がエホバという神の名前を代表しているという意識で生活させられているので、信条故の自分への圧力や禁欲奨励に苦しんでも、誰にも相談できないという悩みを抱えることが多いのです。
信者たちは、悪いことがあると「悪魔サタンのせいだ」と考えるので、信者が精神的に弱って弱音を少しでも吐くと、「信仰が足りないのでは?もっとエホバに祈って下さい」などと更なるプレッシャーをかけてきます。
その結果、エホバの証人になってから、精神病を発症し悪化させる信者が増加しています。

事情ゆえに布教活動がたくさんできない信者にも、毎週定期的に行なわれている集会や個人的指導によって、「もっと活動出来ませんか?今月はいかがですか?」といった、「励まし」と呼ばれる圧力が上からかけられています。事実、そうした圧力が原因で、集会中や大会(大規模な集まり)の翌日に自殺されてしまった方もいます。

エホバの証人でいることの苦しさや、仲間に虐められたが故の受診ですので、主治医に自分が信者であることを伝えることに躊躇いを感じる方も多くいます。また、教義によってエホバの証人以外の人たちは「悪魔サタンの支配下にある」と刷り込まれていますので、信者になった時から心の壁を作っており、「言っても理解して貰えないだろう」と諦める方も多いのです。そうした事情が、ますます治療を難しくさせています。

医療関係者の方々には、自分が病を患った理由をなかなか語らない患者さんが、宗教上の事柄を気にして打ち明けられない可能性もあることを知って頂けたら幸いです。

なお、エホバの証人用語については、下記のサイトをご参照いただけたらと思います。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/8769/yougo1.htm
通常「ものみの塔」と言う場合、「ものみの塔聖書冊子協会」の略称を指す場合と、そこから定期的に発行されている雑誌名を意味し、前者の場合は簡潔に「組織」と略される場合も多くあります。
また、「エホバの証人」という言葉は、ものみの塔組織に属する信者たちを意味しています。

一般の方々へ

非常に残念なことですが、エホバの証人内では児童虐待が多いのは事実です。
児童虐待とは、身体的虐待だけではなく、性的虐待やネグレクト・心理的虐待も含まれます。
児童虐待の定義は下記のページでご確認いただけます。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/dv/about.html

ものみの塔は、他のキリスト教会を「大いなるバビロン」と呼び、「聖職者による性的暴行が横行している」などと批判しています。
しかし実際には、ものみの塔内でも性的虐待は横行しており、近年、その実態は「コンティ裁判」やオーストラリアでものみの塔協会を相手取って6160人もの被害児童が集団訴訟の準備をしていることなどで、明るみになりつつあります。さらにイギリスでも、複数の性的虐待の罪に長老が問われています。

もし児童虐待に気が付いたら、被害を少しでも食い止めるために、お早めに「児童相談所全国共通ダイヤル 0570-064-000 」にお電話いただけたら幸いです。
なお、全国児童相談所一覧は下記のページでご確認いただけます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv30/zisouichiran.html

一人でも多くの子どもたちが、虐待から救われることを願っています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

電子書籍の紹介

最近のコメント

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。10数年前に自然消滅しました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも幸せに暮らしています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索