川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

忌避問題~排斥された信者達の体験談

ものみの塔独自の教理で、社会的にも大きな問題となっているものの一つに、「忌避問題」というものがあります。
冤罪を含む排斥や断絶で、信者ではなくなった後は、信者とは一切口を聞いてはいけない、あいさつすらしてはいけない、というものです。(参考:排斥者との交友をやめないと追放される。排斥された家族にはEメールもしない

ものみの塔の公式サイトでは「ある人が排斥されたものの、妻や子どもが引き続きエホバの証人である場合…宗教的な結びつきは変わりますが、家族としてのきずなは変わりません。結婚関係、家族の愛情やかかわりは続きます。」とされています。
しかし、その一方で以下のように記載しているページもあり、公式サイト内でも矛盾した記述が確認できます。(「エホバの証人の公式ウェブサイト JW.ORG 」で「排斥された人にどう対応すべきか」と検索すると該当ページが一番上に出てきます)

徹底的に避けることは本当に必要か。そのとおりです。理由があります。第一に、神とみ言葉に対する忠節がかかっています。
JW.ORG /エホバの証人の公式ウェブサイト より

そして統治体から出された長老への指示の手紙では、はっきりと「交流を避けるように」との指示が出されており、実際に排斥に遭った方々は忌避をされています。
2010年頃から、排斥のペナルティは強化され、実質家族からも破門されることとなりました。
排斥に遭った方々は、「家族の死に目にすら逢えない」「家族の冠婚葬祭の出入り禁止」「親が年老いても、排斥された子供たちからの介護を受けることを禁止されている」という状況に置かれています。

実際に日本各地で、「道端で会った際、排斥者とわかれば目を伏せる」「飲食店の番号待ちで、排斥者家族を現役エホバの証人が見つけたら、並ばずに店から去る」「排斥者が電話に出たら即座に電話を切る」「排斥されたという理由で、エホバの証人の雇い主からの不当解雇」というような、家族・友人間においても常軌を逸した「忌避・嫌悪」が行われています。

また、このような事例も報告されています。
あるエホバの証人の子供たちは、両親が排斥されました。本来、残った子供たちに会衆や長老が助けを差し伸べるべきですが、あろうことか長老家族は排斥された家族まで集団無視し、家族は会衆から離れざるを得ませんでした。
これはいわゆるローカルルールではありますが、いかにエホバの証人が排斥された関係者を落伍者とみているかが分かります。
非常に残念ですが、エホバの証人の会衆では、こうした悲しい出来事が頻発しています。

ものみの塔には排斥の益として「当人に衝撃を与えて本心に立ち返らせる」と記されています。
しかし、このような制裁を行う宗教が本当に「幸福な家族生活の秘訣を持った宗教」でしょうか?

ものみの塔の「ダブルスタンダード」(公式見解と実際に上層部から出されている指示が異なる、国によって教理が異なる、など)の実態は、近年明るみになりつつありますが、この「忌避行為」は人権侵害の最たるものだと思います。

「エホバの証人以外の人は『この世の人』で、悪魔サタンの影響を受けているので、深い交流を持ってはいけない」とされ、従順にその規則に従って生きてきた信者が、ある日突然、冤罪を含む排斥や断絶によって、信者との一切の交流を絶たれてしまうのです。
これにより精神疾患を発症したり、自死を選ぶ方々も多くいます。

この異常で非人道的なシステムを一刻も早くなくすよう、ものみの塔聖書冊子協会*に切に願います。
(*電話046-233-0005 月曜~金曜8:00-12:00、13:00-17:00 )

また現役信者の方でこちらのページをご覧になっている方がいらっしゃいましたら、「これは本当に愛のある神が求めていることなのだろうか?自分が忌避されたらどのように感じるだろうか?」と、考えていただけたら幸いです。

私は、忌避により言葉にできないほどの苦しみを受けている方々が一人でも多く救われることを願って、これからも活動してまいります。
忌避の被害に遭われている方々からいただいたご寄稿文を以下にご紹介します。

秋桜さんの排斥体験

ついに私を捨てる宣言の手紙だ。母の中では霊的仲間、霊的家族が中心になっているんだ。血縁排斥者への最後の手紙がこれなんだ、と。 こんな内容でも捨てられませんでした。 ...
続きを読む

排斥されて思うこと

子供の頃から二世として育てられて学生卒業後は全時間奉仕を20年以上続け、ベテル奉仕、RBCと尽くす日々に長老を16年経験してきたのに… ...
続きを読む

親子の縁よりも、組織を取った母

ものみの塔によって完全にマインドコントロールされている母は、迷わず親子の縁よりも、ものみの塔組織を取ったのです。 しかも理由は、私がものみの塔組織を批判した、というそれだけです。 ...
続きを読む

排斥されてから復帰を目指す信者に対する忌避

排斥者であった彼女が、復帰を目指して集会に通っていた頃、会衆の成員たちにどのように扱われていたのか、その実態を書いて下さいましたので下記にご紹介させていただきます。 ...
続きを読む

排斥されたことで父との絆を取り戻せました

排斥されたことで父との絆を取り戻せました。真の友人ができました。真の家族ができました。真の愛を感じることができました。夢を叶えることができました。 ...
続きを読む
Loading...

スポンサーリンク


スポンサーリンク

電子書籍の紹介

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。2000年に自然消滅(ものみの塔組織から平和的に離れること)をすることができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索