川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

10月1日、東証システム障害が発生した際の宮原社長の姿勢に感銘を受けました

この記事は約57秒で読めます

今年(2020年)10月1日に、東京証券取引所がシステム障害の影響で取引を終日取りやめました。
また、名古屋、札幌、福岡の各証券取引所も停止しました。

原因は「情報配信ゲートウエイ」による相場情報の配信処理と、「売買監視サーバー」による監視処理に異常が発生したためだそうです。

東京証券取引所は同日の夕方に記者会見を開き、システム障害の影響で同日の取引が終日停止した問題について謝罪し、宮原幸一郎社長は「富士通と徹底した原因究明をし、その上で再発防止策を協議している。市場運営の責任の所在は私どもにあり、(富士通への)損害賠償は現時点で考えていない」と述べました。(参考:日経クロステックのサイト

私は、システム障害が発生した原因を、システムを開発した富士通のせいにせず、責任を自分のところにあるとした宮原社長の姿勢に感銘を受けました。
もし、責任を富士通側に押し付けていたら、現場のSEの方々は大変な責任を取らされることになり、大きな混乱が生じたと思うからです。
システム障害が起きた際、SEの方々は復旧のために不眠不休で取り掛かり、その心労は計り知れないほどになることがあると、インターネット事業を行なっている方から話を聞いたことがあります。
宮原社長の潔い謝罪を見たからこそ、現場の方々は何としてでもシステムを復旧させようと前向きに問題に取り組めたのだと思います。

とてつもない規模の経済を回していて、大きな責任を負いながら仕事をこなしている東京証券取引所のトップの方の姿勢は、見習いたいと思いました。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世です。2000年に脱会することができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら幸いです。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

過去のブログ記事

サイト内検索