川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

ものみの塔を出て前向きにがんばっている方々の体験談とメッセージ

ものみの塔は、「この組織から離れるということは、エホバとの関係をなくすということになる。外の世界は悪に満ちているので、組織から離れたら堕落し、不幸になる。」と信者たちに教えています。

また、組織と距離を置こうとする人には、聖句の「自分を孤立させる者は利己的な願望を追い求める」という言葉をかざし、組織から離れると孤独になり、悪魔サタンの影響を受けるという脅しを「愛」のうちに行ないます。

とにかく巧みな言葉と脅しによるマインドコントロールが、ものみの塔の特徴です。
教え込まれた教理と、排斥・断絶後の信者からの集団無視というペナルティーによる恐怖心で囲い込むので、犯罪性・カルト性がわかりにくいのですが、ものみの塔を抜け出したいと願っている信者のうちの多くの方々が、実際に実行に移すことに罪悪感や不安感を持っていらっしゃるようです。

そうした罪悪感や不安感を払拭していただく助けになることを願って、下記に、ものみの塔の実態を知ってご自分の意思で組織を出た方々、また冤罪を含む排斥などによって強制的に組織から出された方々の、脱塔後の人生についての体験談とメッセージをご紹介致します。

これらの体験談は、ものみの塔の「組織を離れたら不幸になる」という教えとは異なりますので、信者の方には信じられない内容かもしれませんが、すべて信頼できる方々からいただいた物で、寄稿のやり取りをした記録も残してありますので、創作ではありません。
ものみの塔の被害者が一人でも減りますよう願っています。

離れても、孤独にもならないし、堕落もしない

ココナッツミルクさん 40代男性 「離れても、孤独にもならないし、堕落もしない。」 僕は、自分が学齢期の時に母がエホバの証人になった、2世です。 やはり大学進学や、誕生日やクリスマスなどの行事やクラブ活動に参加することを禁止されました。 バプテスマを受けてからは、この組織の潮流に乗って、20代前半から開拓者や奉仕の僕として奉仕や大会に出たり、必要の大きな会衆に移動もして、それなりにこの組織で用いら ...
続きを読む

JWを辞めてから家族みんなのストレスが減りました

I.K.さん 20代男性 「JWを辞めてから家族みんなのストレスが減りました」 私は、JWを辞めてから、意味不明な規則から解放され、行動が自由になりました。 誕生日・クリスマスなどの行事や、野球の応援など、ごく普通のことを当たり前にできるということが、本当に嬉しいです。 いろいろなお祝いなどをして頂く事によって、感謝の気持ちがより一層育ち、自分も周りの方々にしてあげたいという思いが起きるようになり ...
続きを読む

オフ会はオススメです!

晴れときどき曇りさん 30代女性 「オフ会はオススメです!」 私は、JWがインチキだとネットで知ってから、JWではない人との結婚を決めました。 一般の人と結婚して良かったです。経済的に安定しました。 子供が授かりましたし、マイホームも持っています。 また、経済的だけでなく、普通の価値基準で育った人と一緒に暮らしているので、私が持っているJWゆえのおかしな基準を改めるのに旦那さんの意見が大いに役に立 ...
続きを読む

野生化した羊から迷える囲いの羊たちへ

rokusyoさん 30代男性 「野生化した羊から迷える囲いの羊たちへ」 JWを出て真っ先に感じること。それは膨大な自由の時間です。 今まで奉仕や集会に費やしてきた時間が全てフリーになるのです。 そのあまりの多さに私も当初は戸惑いました。自由になった休日の時間を何して過ごすか真剣に悩みました。 そこでふと「そうだ。バイクで北海道を旅しよう」と思い立ったのです。 そのために自動二輪の資格を取り、安い ...
続きを読む

辞めてからの今

やさしいらいおんさん 40代女性 「辞めてからの今」 初めはインターネットの情報はどれも信用ならないと思っていて、背教者と呼ばれる方のブログなどを読むことさえも心臓がバクバクしたものです。 しかし、背教者と呼ばれ忌避されている方々には体温の温もりを感じるお付き合いが出来る方ばかりだと分かりました。 真の友ならどんな状況でも力になるはずのエホバの証人の人たちも、一旦組織に疑問を持ったり不当な裁きを受 ...
続きを読む
Loading...

スポンサーリンク



サイト内検索

過去の投稿