川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

「斎藤一人 すべてがうまくいくコツ49」 宮本真由美

この記事は約1分36秒で読めます

私が大好きな本のうちの1冊が、宮本真由美さんが書いた「斎藤一人 すべてがうまくいくコツ49」という本です。
以前の私は、この本に書かれていることとはほぼ真逆のことをやっていましたので、大体のことがうまくいっていませんでした。
でも、少しずつですが、実践するようになり、人生が次第に良い方向に向かっています。

この本の中で、特に衝撃をうけたのは、「神様がハンデをくれるのは実力があるから」という言葉です。
以下が、その内容です。

成功とは考え方なんだよ。
自分の考えを、自分が不幸になるためには一秒も使っちゃいけないんだ。

すごい話をしてあげよう。

松下幸之助さんってね、家が貧乏だったんだ。
それと、小学校しか出ていなかったんだ。
それと、体も病弱だったんだよ。
これって、たいていふつうの人が人生うまくいかないって音をあげる三大原因だよ(笑)。

でもね、松下さんはね、家が貧乏だからお金をかせがなくっちゃと思ってすごい働いたんだよ。
で、小学校しか行っていないからって、人よりも一生懸命勉強したんだよ。
それと、体が弱いから、自分一人ではとてもできないから、人を育てることに全力を注いだんだよ。

すごいよね。
同じ出来事でも成功にしてしまう人と、成功できない言いわけにする人がいる。
成功ってその人の考え方、思い方なんだよ。

だから、ダメはね、本当にダメなんじゃないんだ。
ダメだという自分の思い込みなんだ。錯覚なんだよ。

自分を信じてあげようよ。

神さまがハンデをくれるってことは、その人にはそれを乗り越えられるだけのすごい実力があるってことなんだ。
そうじゃなきゃ、そんなこと起きるわけない。
自分は、神さまにすごい実力をもらったんだって。

そのことがわかったら、幸せに向かって一歩、足を踏み出すだけだよ。
やってごらん、きっとうまくいくよ。

私には「相貌失認」の気があり、時々、家族や自分の顔も認識することができなくなってしまいます。そのため、メモや写真を撮らせていただくこともあります。
JWの親の元に生まれ、苦労してきたことも、意味のあることだったのかもしれないと思っています。

この本の文字は比較的大きく、読みやすく、分かり易い言葉で書かれているので、良ろしければご覧になってみて下さいませ。

スポンサーリンク


コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

最近のコメント

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。2000年に自然消滅(ものみの塔組織から平和的に離れること)をすることができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索