川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

美容モニターのアルバイトに応募してみたら・・・

この記事は約4分24秒で読めます

大手求人サイトから、美容モニターのアルバイトに応募してみました

先日、私は大手の求人サイトに掲載されていたA会社の、美容系モニターのアルバイトに応募し説明会に参加してきました。
説明会に参加して、これから美容系モニターへの応募を考えている方のために、気をつけるべき事を伝えたいと感じましたので、今回の体験を報告しようと思います。

コスメやエステ、健康食品などを試して感想を送るだけ、しかも「自己負担があるモニターは現金で前払い」「1商品あたり報酬例1,000~5,000円」となっていたので、「そんなに美味しい話があるのかなあ?でも大手の求人サイトに載っているんだから、大丈夫かな」と思いながら応募しました。

説明会の様子

応募後、間もなくA会社から説明会の案内メールが来たため、説明会参加の予約をし、当日説明会会場へ。
会場はお洒落な場所にあり、室内も明るくて、女性スタッフ2名が司会進行されていたのですが、お二人そろって美しい方でした。

入り口で「本日はA社とB社、どちらの会社に応募されましたか?」と聞かれ、「A社です」と答えると、二つあるテーブルのうちの片方へ案内されました。B社というのは、同じく大手求人サイトに掲載されていた会社名で、私は今回アルバイトに応募する時にB社も応募しようか迷っていたのですが、説明会に参加して初めて両社がグループ会社か提携している会社であることを知りました。

私を含め10人前後の応募者が揃い説明会の開始時間になると、「本日はA社とB社の合同説明会にお越しいただきありがとうございます」との挨拶から始まり、仕事の案件一覧が載った紙などが配られました。

司会者「ところで皆さんは、日本人女性は美容代に1か月あたりどのくらいお金を使っていると思いますか?(参加者名が載った紙を見ながら)はい、では○○さん、どの位だと思いますか?」
指名された参加者「えーっと、〇円位でしょうか?」
司会者「近いですね!実は一か月あたり、約3万円なんです。でも本日、こちらの案件すべてにご応募いただくと、5万○千円(正確な金額は記憶が不確かです)も節約できてしまうんです!」

美容系以外にクレジットカード作成も求められることに

ここまでですと、ただの良いバイトなのですが、案件一覧を見ると、脱毛サロン、健康食品、化粧品に混じって、クレジットカード作成というのが3件も。さらに「保険会社の合同説明会で説明を聞く(保険会社勤務者は対象外)」という案件までありました。

司会者「では、こちらのサイト(A社とは別会社が運営する美容モニターサイトでした)に登録していただき、ログインしてください。ログインしたら、すでに持っているカード、行ったことのあるお店、使ったことのある化粧品以外はすべて応募してください。」
参加者の一人「あのー、全部応募しないといけないですか?好きな物だけではだめですか?」
司会者「仕事としてやっていただくので、お願いします。もしどうしても応募できない案件がある場合は、その理由をお聞かせください」

決して威圧的な言い方ではなかったのですが、私は「美容モニターとして応募したのに、なんでクレジットカードを3枚も作らなきゃいけないんだ?」と疑問に思い始めました。
それぞれのモニター報酬を見ると、化粧品や健康食品は、報酬から商品代金を差し引いた金額は一件につき100円にしかならず、クレジットカードを作った場合にはカード1枚につき報酬は2,000円でした。

「これはなんか変だなあ。入社お祝い金として、〇件申し込めば、〇円もらえると書いてあるけど、これは入社というより、ただモニターサイトに登録して応募するだけの話なのに…。あえて『入社』という言葉を用いて、応募しなくてはいけないような感じを出しているのかなあ」と思い、この美容モニターのアルバイトは辞めることにしました。

会社の口コミを検索してみました

もし、この美容モニターのアルバイトをやっていたらどうなっていたのかなと思い、今回の会社や、登録した美容モニターサイトのクチコミをネットで検索してみました。

すると「きちんとレポートを書いたのに非承認となり、お金が払い込まれない」「期日になってもお金が振り込まれず、問い合わせをしても答えてもらえない」というクチコミが多く見られました。やはり、このアルバイトはやらなくて良かったです…(^^;

友人からのアドバイス

インターネット上で商品やサービスを紹介して、その広告を表示し、その広告から申込みがあった場合に報酬を受け取ることができる仕組みをアフィリエイトといいます。当サイトでもサーバー代の足しにと広告を貼っていますが、報酬が数円、数十円の世界です。

そういった仕組みに詳しい友人から聞いた話では、クレジットカード入会の報酬は桁が違って万単位になるのはざらにあるようです。
この友人が推測する、今回のモニターアルバイトの仕組みについていろいろ聞きました。

「恐らくアフィリエイトの仕組みを使って、1件万単位の報酬に対して2,000円でバイトを集めてきてその会社のサイトで登録させているんでしょう」

「よく、インターネット上で様々なクレジットカードの会費や特典などを比較した記事を目にすることがあるかと思います。そもそもアフィリエイトとは、こういった読者が知りたいことについて記事を書くことで読者を集め、対象の商品の宣伝になり報酬をもらうというものです。モニターアルバイトのこのやり方は、アフィリエイトの趣旨とも違ってきますね」

「金融機関が融資をする際にその人の財務状況を参照する個人信用情報機関というのがあります。
カードを作る際には、その個人信用情報機関にカードを申し込んだことやカードを作ったという履歴が記録されます。履歴が残って即座にどうということはないですが、あまり多く作ったり、今回のように一度に3枚作ったりすると、将来、自動車ローンや住宅ローンを申し込んだ際に金融機関の審査担当からはリスクの高い人というような印象を持たれる可能性はありますね」

「バイトには個人信用情報に記録されることは説明しないで利益を持っていく、社会の仕組みを知らない人を搾取する会社があるということですね。こういった会社に搾取されないようにするには、社会の仕組みに興味を持つという姿勢が大事だと思います」

私は知らなかったことが多いので、覚えておこうと思います。

モニターのアルバイトについて感じたこと

モニターサイトでも、きちんと運営されているところもあるようですが、今回の体験から、クチコミなどの情報をしっかり検索してからモニターに応募したほうが良いと感じました。

説明会のその場でモニター応募やクレジットカード申込みをさせられそうになった場合、よくよく考えて納得してから申込むべきと感じました。もし、内容に納得できない場合には、周りの雰囲気に流されず、しっかりと断るべきだと思います。

そして、知識が無いせいで搾取されないよう、常に社会の仕組みに興味を持つということをしていきたいと思いました。

なお、「雇用主が給料を支払ってくれない」などの労働問題に関する相談ができるところとして、厚生労働省のホームページに「総合労働相談コーナーのご案内」がありましたので、リンクを貼らせていただきます。

スポンサーリンク


コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世です。2000年に脱会することができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら幸いです。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

過去のブログ記事

サイト内検索