川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

なぜ私の母はものみの塔に入信し、その結果私のような子どもができあがってしまったのか。

この記事は約10分21秒で読めます

「どうして母はものみの塔に入信してしまったのだろう…。母が入信しなければ、こんなに苦しまなくて済んだのに…」

長い間私はそのように感じていました。「エホバの証人以外の人類は間もなくハルマゲドンで抹殺される。そして地上の楽園でエホバの証人たちは永遠に生きる」という、絶望しか感じない終末思想を説くものみの塔組織のどこに魅力を感じて入信したのか、理解できませんでした。
私は長い間そのような怒りを持ちつつも、脱会後は母やものみの塔組織にあまり興味がなかったので、母の入信理由を深く考えたことがありませんでした。

今さらながら気になり始めましたが、すでに母からは「背教者」であるとして忌避されているため入信理由を聞くことはできません。そこで、JW関連の本やサイトを読み返して想像してみました。

母が入信してしまったがゆえ、どのようなものみの塔流の子育てをしてしまい、私のような自殺願望を持つ子どもができあがってしまったのかについてまとめてみました。

母がものみの塔に入信した理由を考える

「エホバの証人の子どもたちは、小奇麗な格好をしていて真面目で素直で礼儀正しい」ーひと昔前まで、そのような印象を持つ一般の方々も多かったようです。

そのような子どもの姿を見て「うちの子もこんな風な良い子に育ってくれたら」と願い、自宅に訪問してきた子連れ信者の話に耳を傾け、何度も訪問を受けるうちに教義を信じるようになる主婦たちが数多くいました。恐らく母が入信した一番の理由は、このような他の多くの主婦信者たちと同様、「聖書(実際にはものみの塔組織)から学ぶ子どもの教育方法」に惹かれたためだと思います。

母の入信時期は、母の結婚後から私が生まれるまでの間、ということしか分かりませんが、きっと子育てについての指針や子育て仲間が欲しかったのだと思います。(なお、ものみの塔の教義を知り信じるようになることを、信者たちは「真理を知る」という言い方をします)

信者から話を聞くようになり、研究生と呼ばれる少しずつ教義を学び始めた勧誘対象の方が集会に行くようになると、信者たちが次々と集まってきて、満面の笑顔で「ようこそいらっしゃました!」と大歓迎を受けます。きっと母もそのラブシャワーに感銘を受け、どんどんはまっていったのだと思います。

エホバの証人社会では、バプテスマ(洗礼)を受けた信者はお互いを「兄弟」「姉妹」と呼び合い、落ち込んだりしても「励まし」と呼ばれる独特なやりかたでやる気を出させるシステムがあります(しばしばこの「励まし」が圧力になることもあります)。このような、一般社会ではまずあり得ないエホバの証人社会独特のウェットな人間関係も魅力的だったのでしょう。

なぜエホバの証人の子どもたちは行儀が良かったのか ー その背景にあるもの

伝道先の家の方々(恐らく私の母も)に時として感銘を与えるほど、行儀の良かったエホバの証人の子どもたち。
そもそもなぜそれほど行儀が良かったのかというと、エホバの証人の信者の親たちは普段から子どもたちに徹底した「訓練」を行っていたからです。

それは大人から見てきちんとした行動をする良い子は非信者から好感を持たれますので、子供を新規信者獲得のために効果的なマネキン人形にする目的と、将来の有能な伝道者を養成する目的があります。
このように伝道の時に良い子の態度を取り、王国会館でおとなしく椅子に座って勉強している子供を見た何も事情を知らない一般人は「うちの子と違ってエホバの証人の子供はなんてしっかりした良い子が多いんだろう、私がこの宗教に入ったらうちの子供も良い子になるかも?」という錯覚を起こさせる効果があります。
昼寝するぶたより)

しばしばその「訓練」には体罰が用いられていました。「エホバのみ名に誉れをもたらさない行動を取った」という理由により体罰が行われるのです。
エホバの証人のコミュニティは、子どもが子どもらしい振る舞いをすると罰せられる世界でした。

ものみの塔の出版物に書かれている、子育てに関する短絡的な思考についての資料を以下にご紹介します。
子供が子供でいられない世界 | エホバの証人研究(ブログ)
習慣と信条 – 子どもの訓練 | エホバの証人研究
エホバの証人2世の方の子ども時代の回想『カルト教団 エホバの証人により奪われたモノ』

エホバの証人の児童虐待

信者の子どもが死亡する事件(エホバの証人「せっかん死」事件)が起きるほど、地域や家庭によってはひどい体罰が行われてきましたが、ものみの塔は「一部の信者が勝手にやったこと。組織はそのような指示は出していない」として非を認めず、謝罪も訂正もしていません。
この事件は、信仰を理由にして反省の態度を示せば、子どもを殺しても執行猶予で済むという司法の限界も見せつけました。輸血拒否で子どもを死なせた親もそうですが、子どもを殺した親を実刑にできないこの状況では、組織は傷を負うことなく反省などするはずもありません。

ルポライターの米本和広氏はご著書『カルトの子』で下記のように書いています。

日本にムチがやってきたときのことは、元二世の尾形健(43)が体験していた。
健は私が取材した元二世の中では最年長である。
「あれは確か1965年の、小学校2年生のある火曜日での集会のことでした」という。
集会の終了間際に、日本支部から新しい「よい便り」が届いたとして次のことが会衆内で発表された。
「子どもの心には悪魔が入っている。悪魔を追い出すために、聖書に書かれている通りムチでお尻を叩きなさい」。
そのあと長老の補佐役が「男物の細身のベルトを使って、椅子などにひざまずかせて、20回くらい子どものお尻をたたいてください」と補足した。

「おふくろはさっそく懲らしめを実行した。ところが、細身のベルトはへなへなしてうまくいかない。そこで、おふくろは足踏み式ミシンのベルト(直径8ミリ)で、20回思いっきり叩いたんですよ」

「震えるぐらい痛かった。今でもあの痛さは覚えている。それからですよ、会衆内でミシンベルトが流行るようになったのは。おふくろが自慢そうに効果があったとみんなにしゃべったもんだから。あとでみんなに聞くと、僕は会衆内で懲らしめ第二号だったそうです」
このときから、30数年間もの長きにわたって懲らしめが続いてきたのである。

ものみの塔の出版物『あなたの家族生活を幸福なものにする』(現在は絶版となっています)には、以下のように記載されていました。
「学齢前の時期は、生涯にわたって支えとなる一連の価値基準を植え付けることを始める絶好の機会です。子供を訓練することはどんな職業よりも尊く、どんな仕事よりも重要です。そしてそれを始める時は、子供の誕生直後、その幼い時です」
「体罰は子供の命を救うものとなります。なぜなら、神のみ言葉聖書には、『単なる少年から懲らしめを差し控えてはならない。あなたが彼を細棒でたたいても、彼は死なない。細棒をもってあなたは彼をたたくべきである』とあるからです」

東京理科大非常勤講師でセラピストの服部雄一氏は、調査論文「エホバの証人の児童虐待」(98年)に39人の元信者(元研究生を含む)を対象にアンケートと聞き取り調査を行いまとめました。
それによると、39人のうち90%が子どもを叩くように教えられ、80%が集会などで体罰を目撃し、85%が周囲から叩くように圧力を受けている、ある人が可哀相だとムチを打つのをためらっていると、周囲から「霊性が低い人、子どもをサタンから守れない人」と陰口を叩かれた、ということでした。

「生後3ヶ月からムチ打ちを行い、その子が小学校2年生になってもムチの傷跡が残っている」(『カルトの子』より)という事例もあるほど、一般社会では考えられないような「ムチ」という体罰が使われる「訓練」が長年に渡って行われてきたため、子どもたちはムチに対する恐怖とハルマゲドンで滅ぼされる恐怖によって「従順」になっていたのです。

また最近、ハルマゲドンの恐怖が幼い子どもたちに植え付けられていく宗教教育が非常にリアルに描かれているブログ「おおきないしがおちてくる」を見付けましたが、私が子どもの頃母から教え込まれていたことをそのまま書いてくださっているような文章でした。

私は長い間、母に興味がありませんでした

私は長い間、母にあまり興味はありませんでした。(母と関係のある子ども時代の記憶は、辛い出来事以外はあまりありません)

その理由は、「私は母にとって、要らない存在なんだな」と感じていたからだと思います。

なぜなら、母は私自身よりも組織のほうに目を向けた子育てをしていたからです。
子どもの心の声を聞こうともせず、自分の意見を言う自由も信教の自由も与えず、ただひたすら組織に忠実であるよう育てていました。子どもの尊厳や人権を考慮しない、まさにものみの塔の指示通りの子育てをしてしまっていたのです。
母の教育は、「子どものため」というより「組織のため」でした。私は幼いながらもそれを感じ取っており、そのように組織を盲信する母を見る私の目は冷めていました。

人間として素晴らしいと思う一般の方を見ても、結局「でもあの人は『この世』の人だから」という結論で終わらせる母や周りの信者たち…。人としての心、自由意志を失った組織のロボットを見ているような感覚でした。
組織は信者たちに「エホバ(実際にはものみの塔組織)に奴隷として仕えなさい」と指示を出し、際限のない規則を作り(参考:メールの絵文字にも制限)、自分の頭で考えないように仕向けているので、組織に染まるほどそのようになってしまうのは必然ですが…。

多くの問題があるものみの塔の指示する子育て方法に対して、「組織そのものは問題外だとしても、組織の指示していた子育て方法は良いものではないのか?」という意見も受けたことがありますが、もし組織の指示した方法が正しかったのならば、私を含むこれほど多くのエホバの証人の子どもたちが心の病を抱えるようになったり、組織を離れた子どもたちと家族の絆が破壊されることもなかったでしょう。

ものみの塔の指示する子育て方法のどこが問題か?

ものみの塔の指示する子育て内容にも、もちろん良いものもたくさんあります。しかしそれらは一般の子育て本や心理学の本などでも述べられている内容です。

組織はそのような良い内容のものも述べつつ、ものみの塔独自の子育て方法を盛り込んでいます。信者たちは組織の言うことは全て正しいと信じるようにされているので、それを実行してしまった信者たちが多いのです。

ものみの塔独自の教育内容で、特に子どもたちに悪影響をもたらしてきたものは、下記の点だと思います。

  • 「エホバの証人以外の人達は悪魔サタンの影響下にある、そして間もなくハルマゲドンで滅ぼされる」と教え込んできたこと
  • 誕生会、クリスマス、七夕、ひなまつり、節分、正月、祭り、焼香、国家・校歌斉唱、選挙、格闘技などあらゆることを禁止してきたこと。
    「明けましておめでとう」と言うこと、年賀状を書くこと、運動会での応援合戦や騎馬戦なども禁止しています。組織の戒律は細かく分類すれば3千にも及ぶと指摘する人もいます(参考『カルトの子』)。このようなあらゆる規制を作り強制的に守らせ、また一般の子どもたちと深くかかわらないようにとの指導をしてきたことにより、学校でいじめを受ける信者の子どもたちが多数発生しました。
  • 一般社会をサタンの支配下にある邪悪なものとして「世」と呼び、絶対に協調したり倣ったりすべきでないと厳しい警告を発してきたこと。
    そのため多くの信者の親が、信者以外の子どもとの交友を制限してきました。これにより信者以外に友人がいない状態になり、脱会を難しくさせている一因となっています。
  • 体罰を推奨してきたこと。
    現在も組織は正式に体罰を禁止していないため、一部の信者の間では水面下で行われているようです。そのため今でも身体に親からの虐待の痕が発見された、信者の子どもが保護される事例も起きています。
    ご参考までに、体罰(子どもをたたく、ける、つねる、家の外やベランダに出す、ご飯を与えない、など)についての調査結果を記載します。2002年、体罰を受けた3万6千人を対象にした、有名なアメリカの調査では、体罰は一時的には親の命令に従う「効用」がある一方で、長期的には①攻撃性が強くなる②反社会的行動に走る③精神疾患を発症する、などのマイナス面が見られることが判明しています。
  • 条件付きの愛しか与えないようにさせてきたこと
    自分の宗教信者以外には差別的な見方をさせています。また子どもも組織に従う場合には「愛情」を注がれますが、従わない場合はムチ打ちや食事を抜く、無視をするなどの「懲らしめ」を与え、事実上エホバの証人社会から抜け出せないようにしてきました。(地域差・各家庭での差はあります)
  • 生きていく上で最も大事な自己肯定感を育てないようにしてきたこと
    私は長年保育に関わってきた中で、人間が生きていくときに一番大切なのは自己肯定感(自己評価)だと確信しています。
    自己肯定感とは、「自分は生きている価値がある」「自分は大切な人間だ」という気持ちのことです。親から「自分のいいところも悪いところも、みんな受け入れられ、愛されている」というのが子どもに伝われば、子どもは輝きます。
    残念ながらものみの塔の指導してきたこと(たとえば「人間は無力で無能である、エホバ(実際にはものみの塔組織)だけに頼るべきだ、それに従わない場合は生きる価値のない人間だ」と叩き込んできたこと、子どもから様々な自由を奪ってきたこと、体罰など)は、子どもから自己肯定感を奪うものでした。

秋本弘毅著『エホバの証人の子どもたち』に、外部からは理解されにくい、エホバの証人の子どもゆえに生じる苦悩が分かりやすく書かれています。たとえ無事に脱会することができても、子どもたちのその後の人生には多くの困難が待ち受けています。

私は上記のような自己肯定感をなくす方法で育てられたため、そしてハルマゲドンと迫害の恐怖を植え付けられたため、子どもの頃から自殺願望を持つようになりました。子ども時代には家族旅行など、本来は楽しいはずのイベントもありましたが、ものみの塔の教義ゆえその楽しさの上には恐怖が覆いかぶさり、心から楽しむことはできませんでした。

そして現在、「背教者」となった私のことを母はどのように思っているか。恐らく、「真理から離れた」(組織から離れることを、信者はこのように呼びます)子を持つ多くの信者たちと同様、「自分の宗教教育が足りなかった」と感じていることでしょう。

エホバの証人との関係を自然消滅させた子どもは、その後の親との関係でいろいろ悩みます。
「親は自分の教育のせいで私がエホバの証人から離れたと信じています。つまり、ものみの塔が勧める教育方法を完全に実行できず、不備があったためと思い込んでいるのです。ですから、親に証人として育てられたことで苦しめられた、と話しても、『親を苦しめているのはあなたでしょう』と言って、聞いてもらえません」
秋本弘毅著「エホバの証人の子どもたち」より

もしもタイムマシンで、母が入信する前の実家に行けたなら…

もしもタイムマシンがあったなら、私は母がものみの塔に入信することを全力で止めに入ります。その後の地獄のような自分の子ども時代を変えたいからです。

当時の父と母の関係はどのようなものであったか分かりませんが、よく主婦が入信するパターンで「夫が自分の気持ちを分かってくれない」「夫に愛されている実感がない」「毎日家事、育児をがんばっているのに、大変さを分かってくれない、労をねぎらってもらえない」「家事、育児に協力してもらえない」といった不満から宗教に走ることも多いようですので、そのようなことにならないように父にお願いすると思います。
父には家庭円満のために「忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス」の本を手渡すと思います。

もし母がもともと自己肯定感の低い人だった場合には、自己肯定感を高める方法を教えてあげたいと思います。

母がエホバの証人と会い始めることを防ぎきれなかったら、父にはこちらのサイト「エホバの証人Q&A」の中のコーナー「JW解約への道」に掲載されている「自分の妻がJW と研究を始めてしまった時の対策」を読んでもらい、父の健闘を祈りたいと思います(当時はこのサイトはありませんでしたが)。

それでも、母親の信仰をやめさせることができなかったら、以前の記事「配偶者がエホバの証人になってしまったお父さん(お母さん)へ」に書いたように、家の中で唯一信者でなかった父親にあの地獄のような信仰の世界から救い出して欲しいと願います。

私は子どもの頃押し入れの奥から、信者になる前の母が父と一緒に幸せそうに写っている写真を見つけました。そこには、優しくて穏やかな表情の女性が写っていました。
悪魔のような目をして毎日のように「これはサタン!あれもサタン!」と断罪している、自分の知っている母とは対照的な表情をしていました。
もしも願いが叶うなら、いつか覚醒した母と会ってみたいと思います。

川島真彩

スポンサーリンク


コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。2000年に自然消滅(ものみの塔組織から平和的に離れること)をすることができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索