川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

「良いたより」って何?自分の頭で考えることの重要性

この記事は約3分8秒で読めます

勧誘活動での手法

エホバの証人だった子どもの頃、信者である母や周りの信者たちに連れられて、勧誘活動に参加させられていました。

エホバの証人たちは勧誘活動のことを「伝道(活動)」とか「奉仕(活動)」とか「良いたよりを宣べ伝える業」などと呼びます。
教団が定期的に発行している「ものみの塔」や「目ざめよ!」といった名前の雑誌などをカバンに入れ、暑い日も寒い日も、家から家へと回っていました。(最近は信者の方々は電子機器も用いての勧誘活動をされているようです)

まずは「お庭に咲いている花が綺麗ですね」とか褒めたり、その時話題になっているニュースについて触れて、今の時代がどれほど危険や恐ろしいものであふれているかを強調したりしてから、徐々にものみの塔の教えのほうへ話題を持っていきます。

もちろん、違う話題の場合もありますが、「最近はどうなのかな?」と思って先ほどものみの塔の公式ホームページを見てみましたが、今も手法は同じのようで、

恐ろしい​事​が​毎日​の​よう​に​起き​て​い​ます。この​世​の​ありさま​は​確か​に​変わり​つつ​あり​ます。悪化​し​て​いる​の​です。
(ものみの塔 オンライン・ライブラリーより引用)

といった言葉が並べられていました。
そうやって人々の恐怖心を煽ってから、「病気​や,飢え,犯罪,戦争,あらゆる​虐げ​が​神​の​王国​に​よっ​て​一掃​さ​れます!」という「良いたより」を伝えるのです。
また、幸せな家庭生活を送る秘訣、健康やお金についてなど、人々の興味を惹く話題から入ることもあります。

人殺しが大好きなエホバを好きになれなかった

「本当に私が行なっているのは、『良いたより』を宣べ伝えていることになるのかなぁ?『幸せな家庭を築く秘訣を教えます』とか言って勧誘しても、エホバの証人になってから家庭崩壊している家族が周りにたくさんあるし。
ものみの塔誌や目覚めよ誌は、毎号様々な内容を取り上げているけど、そうやって『真理を知らない』方々の興味を惹きつけてから、結局一番最後に教え込むことは『あなたもエホバの証人にならないと、まもなく来るハルマゲドンで滅ぼされますよ。』ということだよなあ…」
と子どもの頃から心を痛めていました。

ものみの塔の教えでは、教団の信者=エホバの証人になって、勧誘活動を行って教団の教えを守っていたら、ハルマゲドンで生き残ることができ、エホバの証人だけしかいない不老不死の世界(「地上の楽園」という言い方をします)で毎日エホバを賛美しながら永遠に生きることができる、ということになっています。

そのような生活に魅力を感じる人たちもいるかもしれませんが、私は人殺しが大好きなエホバのことを、心の底から「大好き!」とは思えませんでしたし、意味不明のたくさんの規則を作り上げ、主に子どもたちを苦しめてきた教団の教えを、この先も永遠に守り続け、また新たに生まれてくる子どもたちにも強制しなければいけないということは、私の良心に反するものでした。

勧誘活動に参加しない、という選択肢は、エホバの証人2世の私にはなかったので(詳しくは過去記事「なぜ私はものみの塔を脱会するのに約10年を要したのか」をご参照ください)、心の痛みに耐えつつ家々を回っていました。

自分の頭で本当にこれは正しいのかを考えることが大事

ものみの塔を脱会してしばらくしてから読んだある本で、「どんな宗教を信じてもいいけど、人を脅す宗教は偽物ですよ。神は人を脅すようなことはしませんよ。」という言葉と出会った時に、「ああ、やっぱりそうだよね…」と感じました。

私は生まれてから脱会するまで、数万回、エホバの証人の勧誘活動は「良いたより」を伝えることであるという内容を聞かされ言わされ、また、文字として出版物の文章を読まされたりしてきましたので、まるで「良いたより」という言葉がエホバの証人の勧誘活動の代名詞のように染み付いてしまっていました。
言葉の持つ力は本当に大きなものだと思います。

ものみの塔の教えに限らず、「あれ?なんかおかしいな」と思った時には、「本当にそうなのかな」ときちんと考えるようにしていきたいと思います。

ハルマゲドンで滅ぼされるということの補足

※ 以下、2018年4月26日追記
なお、厳密に言うと、楽園に入ることができるのは「エホバの証人だけではない」ということになっています。楽園では過去に亡くなったエホバの証人が復活するとされていますが、エホバの勧誘を受ける機会がないままハルマゲドンが来る前に亡くなった人も楽園で復活できることになっています。
ただし、復活した人たちも一定期間後に裁きを受けることになりその時に滅ぼされる人たちもいるので、復活できたからといって決して油断はできない内容だったかと思いますが、教義はしばしば変更されますので、今頃は多少違う可能性もありますが…。

また、一度エホバの証人になった人が信者を辞めれば、間違いなくハルマゲドンで滅ぼされて死ぬことになる、ただしエホバの証人になったからといって必ずしもハルマゲドンを生き残ることを保証されるわけではない、といったマイナス面の教義は、勧誘対象者には初期の段階では伝えません。

スポンサーリンク


コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世です。2000年に自然消滅(ものみの塔組織から平和的に離れること)をすることができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索