川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

TBSテレビ「あさチャン!」2018年11月7日放送のグアテマラでの事件報道について

この記事は約1分41秒で読めます

グアテマラで布教活動をおこなっていたエホバの証人の信者が殺害された事件について

毎週月曜から金曜の朝5:25から放送されているTBSテレビの番組「あさチャン!」で、本日、2018年11月7日水曜の放送で、上記のブログで紹介した、グアテマラで布教活動をしていたエホバの証人女性が殺傷された事件について取り上げられていました。

同番組では約5分間、この事件について取り上げられていましたが、3年前に脱会した元信者さんとして、今年「カルト宗教信じてました。」を出版された「たもさん」さんがインタビューに応じていました。(番組内では、お名前は伏せられていました)

番組が始まる数時間前に、「たもさん」さんがブログ記事にて「朝お時間あれば見てください」と告知してくださっていたので、私も観ることができたのですが、エホバの証人の海外の布教活動について「強制はされない。みんな自ら行っているんです」と答えた「たもさん」さんの言葉を聞いて、私は「あれ?本当は一番言いたいことはそこではないんじゃないのかな?言葉をカットされてしまったのかな?」と違和感を感じていたのですが、放送終了後にアップされた記事を見て、やはりそうだったんだと分かりました。

この件に関する「たもさん」さんの記事はこちらです。

また番組で「エホバの証人広報」のコメントとして流された全文は以下の通りです。

「エホバの証人」は命の大切さと安全の重要性を高く評価しており、世界中どこでも個人として犯罪から身を守るために日々努力を払っています。何よりも被害者のご家族の上に慰めと支えがあるよう心から願っておりできるだけのことを行いたいと思っております。

これまで組織は信者たちに、信者の子どもたちに対して虐待に相当することを行うよう指示を出してきました。また、性犯罪者を組織的に匿ったり、証拠隠滅をしてきていますので、上記の言葉には白々しさを感じました。

(詳しくは過去記事「ものみの塔による子どもたちへの虐待・人権侵害について」をご参照ください。「ものみの塔」とはエホバの証人の宗教法人組織登録名です)

また、これだけ凄惨な事件が起きても、エホバの証人側は公式サイトでも事件について触れていませんし、現役の信者さんの情報によると、信者さんたちの集まりでも取り上げられていないようです。(参考:『緊急速報』のレベルではないのかい?)やはり、エホバの教えは、人々の心から「自然の情愛」を奪うのだと改めて感じました。

今回日本の地上波のニュース番組で、グアテマラで布教活動をしていたエホバの証人が殺害された事件が、宗教名を公表して取り上げられたことは、時代が変わってきたんだなと感じています。

どうかものみの塔の被害者がこれ以上増えないことを願っています。

スポンサーリンク



コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

サイト内検索

過去の投稿