川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

なぜ私の母はものみの塔に入信し、その結果私のような子どもができあがってしまったのか。

この記事は約11分4秒で読めます

エホバの証人の児童虐待

信者の子どもが死亡する事件(エホバの証人「せっかん死」事件)が起きるほど、地域や家庭によってはひどい体罰が行われてきましたが、ものみの塔は「一部の信者が勝手にやったこと。組織はそのような指示は出していない」として非を認めず、謝罪も訂正もしていません。
この事件は、信仰を理由にして反省の態度を示せば、子どもを殺しても執行猶予で済むという司法の限界も見せつけました。輸血拒否で子どもを死なせた親もそうですが、子どもを殺した親を実刑にできないこの状況では、組織は傷を負うことなく反省などするはずもありません。

ルポライターの米本和広氏はご著書『カルトの子』で下記のように書いています。

日本にムチがやってきたときのことは、元二世の尾形健(43)が体験していた。
健は私が取材した元二世の中では最年長である。
「あれは確か1965年の、小学校2年生のある火曜日での集会のことでした」という。
集会の終了間際に、日本支部から新しい「よい便り」が届いたとして次のことが会衆内で発表された。
「子どもの心には悪魔が入っている。悪魔を追い出すために、聖書に書かれている通りムチでお尻を叩きなさい」。
そのあと長老の補佐役が「男物の細身のベルトを使って、椅子などにひざまずかせて、20回くらい子どものお尻をたたいてください」と補足した。

「おふくろはさっそく懲らしめを実行した。ところが、細身のベルトはへなへなしてうまくいかない。そこで、おふくろは足踏み式ミシンのベルト(直径8ミリ)で、20回思いっきり叩いたんですよ」

「震えるぐらい痛かった。今でもあの痛さは覚えている。それからですよ、会衆内でミシンベルトが流行るようになったのは。おふくろが自慢そうに効果があったとみんなにしゃべったもんだから。あとでみんなに聞くと、僕は会衆内で懲らしめ第二号だったそうです」
このときから、30数年間もの長きにわたって懲らしめが続いてきたのである。

ものみの塔の出版物『あなたの家族生活を幸福なものにする』(現在は絶版となっています)には、以下のように記載されていました。
「学齢前の時期は、生涯にわたって支えとなる一連の価値基準を植え付けることを始める絶好の機会です。子供を訓練することはどんな職業よりも尊く、どんな仕事よりも重要です。そしてそれを始める時は、子供の誕生直後、その幼い時です」
「体罰は子供の命を救うものとなります。なぜなら、神のみ言葉聖書には、『単なる少年から懲らしめを差し控えてはならない。あなたが彼を細棒でたたいても、彼は死なない。細棒をもってあなたは彼をたたくべきである』とあるからです」

東京理科大非常勤講師でセラピストの服部雄一氏は、調査論文「エホバの証人の児童虐待」(98年)に39人の元信者(元研究生を含む)を対象にアンケートと聞き取り調査を行いまとめました。
それによると、39人のうち90%が子どもを叩くように教えられ、80%が集会などで体罰を目撃し、85%が周囲から叩くように圧力を受けている、ある人が可哀相だとムチを打つのをためらっていると、周囲から「霊性が低い人、子どもをサタンから守れない人」と陰口を叩かれた、ということでした。

「生後3ヶ月からムチ打ちを行い、その子が小学校2年生になってもムチの傷跡が残っている」(『カルトの子』より)という事例もあるほど、一般社会では考えられないような「ムチ」という体罰が使われる「訓練」が長年に渡って行われてきたため、子どもたちはムチに対する恐怖とハルマゲドンで滅ぼされる恐怖によって「従順」になっていたのです。

実際、私が子どもの頃、ある女性信者からひどい鞭打ちを受けて、泣きはらした目をした幼い子どもを見て、他の信者が「アラー!いいお顔になったわね~!」と耳を疑うような発言をしていたのを覚えています。
エホバの「真理」に従って、周りの信者たちも子どもへの虐待を扇動していました。
鞭打ちを行うことによって、子どもの心からサタンを追い出した、ということになっていて、ものみの塔組織に忠実なエホバの証人ほど、人としての心を失っていたように思います。

また最近、ハルマゲドンの恐怖が幼い子どもたちに植え付けられていく宗教教育が非常にリアルに描かれているブログ「おおきないしがおちてくる」を見付けましたが、私が子どもの頃母から教え込まれていたことをそのまま書いてくださっているような文章でした。

ページ :
1

2

3 4

スポンサーリンク


関連記事

コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世です。2000年に脱会することができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら幸いです。

スポンサーリンク

過去のブログ記事

サイト内検索