川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

サンリオピューロランドで働いていた時の思い出

この記事は約1分40秒で読めます

皆様こんにちは。
いつもありがとうございます。

私は以前、東京多摩市にある「サンリオピューロランド」のアトラクションスタッフとして働いていたことがあります。ここは、屋内テーマパークで、キティちゃんやマイメロディ、キキララやけろけろけろっぴといったキャラクターたちに会えるところです。
小規模なので、アットホームな雰囲気があります。
よく、アトラクションやパレードを待っているお客さんたちとコミュニケーションを取ったり、アドリブで笑いを取ったりしていました。

私は、キティちゃんと写真が撮れる「キティズハウス」と、3Dの映像に合わせて座席が動く「夢のタイムマシン」という、二つのアトラクションを担当していました。

「キティズハウス」では、可愛らしいキティちゃんの部屋の中を見学してから、最後にキティちゃんと一緒に写真が撮れる、というもので、スタッフたちは「キティちゃんのお友達」として部屋の案内や写真撮影を行なっていました。

「夢のタイムマシン」はなかなかスリルのある乗り物で、お客さんたちのテンションも高かったです(*^_^*)
私は九州生まれなのですが、ある時、九州から修学旅行で来ていた中学生たちと話が盛り上がり、アトラクションが終わってから、「お姉さん、これ、超楽しかったよ!また来るね!」とハイタッチし合ったことも…☆
それから、このアトラクションは、近未来的なかっこいいコスチュームでした。
かっこいいポーズ(サイン?)もするので、ここで働きたいと思ってくれる人も多く、ある時、中学生の女の子が「私も将来、お姉さんと一緒にここで働きたいです」と言ってくれたこともあります。
私は「はい、ぜひ!お待ちしています!」と答えました。
私はもう辞めてしまったけど、いつかまたあの時の彼女に会えたらなぁと・・・(*^^*)

【働いていた当時のパンフレットです】
サンリオのパンフ

また心温まるサプライズもありました。
私が成人を迎えた年の、成人の日のことです。私は成人式には出席せずに、いつものようにタイムマシンで働いていました。
休憩時間になってバックヤードに戻ると、社員さんたちが突然クラッカーを鳴らして、「真彩ちゃん、成人の日、おめでとう!!」とお祝いしてくれました。
私はそれまで、人生の節目のお祝いなどしてもらったことがなかったので、とても感動したのを覚えています。しかも社長さんから、お祝いのお手紙までいただきました。
このように、お客さんだけでなく、スタッフたちのことも気遣ってくれる温かい会社だからこそ、規模は小さくても、たくさんの人たちに愛されているテーマパークなのだと思います。

数年前に大幅にリニューアルをして、私が働いていた頃とは変わっていますが、また遊びに行きたいです♪

スポンサーリンク


コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

最近のコメント

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。10数年前に自然消滅しました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも幸せに暮らしています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索