川島真彩の幸せの部屋

「幸せは全て自分の心から生まれる」 ~元JW(エホバの証人)2世からのメッセージ

メニュー

ずっと死のうと思ってた – ものみの塔(エホバの証人)の2世信者として長く苦しんできたこと(第2回)

この記事は約8分25秒で読めます

清水富美加さんの出家報道に際して思い返した自分のこれまでのこと

ある宗教の2世の信者さんである、女優の清水富美加さんが出家されたことが話題となっています。親が信者で生まれながらに信仰を強制させられた2世の清水富美加さんの、これまでとこれからの心情に、宗教は異なりますが同じ2世として思いを馳せています。テレビに映っている彼女は幸せそうですので、その幸せが続くよう祈っております。

この一連の報道に際して、この世に生を受けた時からエホバの証人(JW)2世として育てられた自分のこれまでを振り返ってみました。
長くなりましたので、何回かに分けて投稿致します。前回の記事に続き、第2回目の投稿です。

なお、これは私個人の体験談であり、同じエホバの証人の子どもとして育てられた方々でも、境遇やものみの塔の教理・指示に対する感じ方、入信中及び脱会後の考え方・生き方は様々ですので、あくまでも元JW2世の一例としてご覧いただけたらと思います。

外の世界の情報を得ること、自分の考えを持つこと、自由な行動は許されない日々

バプテスマを受けた男性信者を「兄弟」、女性信者を「姉妹」と呼ぶのですが、私は幼い頃「姉妹」という言葉は女性信者を指す以外にも使い方があることを知りませんでした。

ある時、父が買ってくれた本の中に「姉妹」という文字を見つけ、初めてエホバの証人が使用する以外にも姉妹という言葉が存在することを知り、母に「ここに姉妹って書いてあるけど、どういう意味?」と尋ねたところ、母はなぜか突然激怒しその本は処分されました。
私は、聞いてはいけないことを聞いてしまったのだと思い、しばらく「姉妹」という言葉がトラウマとなりました。

少し大きくなってから自分で辞書で調べて言葉の意味を知ったのですが、「ものみの塔の情報以外、余計なことは知ってはいけないんだ」と心に刻み、その後は分からない言葉や疑問に思うことがあっても、誰にも聞かないことにしました。

幼い頃そのような極端な制限を受けていたせいか、少し大きくなってからは「外の世界を知りたい」と当時読むことを許可されていた新聞3紙(様々な面から社会情勢を見るようにとの父の意向で新聞は3紙購入していました)を毎日読むようになり、また、家族が寝静まった深夜にこっそりと父の所蔵していたビジネス書や歴史本を読むようになりました。

小学生だった自分には理解できない内容も多かったのですが、こうして少しずつ外の世界を知るようになっていきました。

ものみの塔の教理には到底同意できない内容のものもあり、特に「エホバの証人以外の人たちは悪魔サタンの影響下にある」とし、自分たちだけがハルマゲドンで助かるとする選民思想の教理には良心を痛めていましたが、教理を刷り込まれない日はなかったので、子どもの頃は信じてしまっておりました。そして間もなく始まるとされているエホバの証人に対する迫害とハルマゲドンの恐怖に怯えていました。

集会や大会中にぐずった赤ちゃんや、親の気に障る行動を取った幼児、学童たちはトイレやムチ専用の部屋に連れて行かれ、容赦ないムチ打ちを受けていました。私は、集会・大会中に、これから執行されるムチ打ちの恐怖で泣き叫ぶ子どもたちが親に口を塞がれて会場の外に連れて行かれる光景を見ることが精神的に耐えられなくなり、ある地域大会の時には廊下に出て、柱と柱の間でうずくまっていました。(すぐに信者に見つかってしまい、会場に戻されました)

自分の心さえ守ることができなかった私は、自分より幼い他の子どもたちや年の離れた幼い妹が虐待を受けるのを見ていても助けることができず、通報するということを思いつくこともなく、無力な自分を責めていました。

人間不信に陥っていく状況を作り出していたものみの塔の罠にはまる

子ども時代は私を含む兄弟全員が、問答無用で子どもたちをものみの塔に従わせようとする母と、それを阻止しようとする父の間で板挟みとなっていました。

例えば毎週日曜の集会に行く時には、父と母の間で喧嘩が起こり、父の目をかいくぐるようにして子どもたちは母の車に乗り込んでいました。車に乗り遅れた兄が父に見つかり片腕を捕まれ、その瞬間母が兄のもう一方の腕を捕まえて引っ張り合いになり、その光景を見て「お兄ちゃんの体が裂ける!」と思った時もあります。

なぜ腕を引っ張った位で「体が裂ける!」と思ったのか。それは、組織の出版物の挿絵で初期クリスチャンが拷問を受けたり処刑される場面が描かれており、処刑方法の一つとして、体を裂くものがあったためです。「真のクリスチャンはこのような迫害を受けてきた。これからエホバの証人も迫害者によって、そのような目に遭う」と教え込まれていたため、「迫害者」である父に何をされるか分からないという恐怖を植え付けられていたのです。

ものみの塔を盲信し何事もエホバかサタンかで断罪する母やエホバの証人たちを信用することはできませんでした。また、母や子どもたちを迫害していた(と思い込まされていた)父や、「悪魔サタンに支配されている、間もなくハルマゲドンで滅ぼされる」とされている一般の人々にも心を開くことはできませんでした。

私はものみの塔組織と教義が人を不幸にしていく様子を見ていていたことに加え、自分自身が苦しんでいたので常にものみの塔に不信感を持っていました。そしてそのようなことを口に出して言うことなど許されない状況だったのですが、もしかしたら自分の本当の気持ちを言っても大丈夫かもしれないと思ったのが、年の近い妹でした。

宗教活動を喜んでしているようには見えず、学校の成績も優秀な妹でしたので、わずかな望みをかけて、ある晩「私、ハルマゲドンが来てほとんどの人が滅ぼされて、生き残ったエホバの証人たちと一緒に楽園で永遠に生きるというのは信じられないし、嫌なんだけど…」と言ってみましたが、妹は「お姉ちゃん、信仰が足りないんじゃない?」と答えたので、私はそれ以降「妹に密告されるかもしれない」という恐怖に陥りました。そして誰にも自分の気持ちや考えを話さないようにすることにし、心にフタをすることにしました。

このように、組織は実の姉妹間をも不信に陥らせるのです。妹のことを信用できるようになったのは、お互いが組織から離れた後のことでした。

エホバの証人のコミュニティは相互監視の強い世界でしたので、母の目の届かない時に取った行動もしばしば他の信者によって母に密告されており、お小遣いでジュースを買っただけでも知らぬ間に密告され、それを知り怒り狂った母から暴言を浴びせられ、高校生になるまでジュースを買うこともできなくなりました。
なぜお小遣いでジュースを買うことがいけないのかよく分かりませんが、当時の教育内容を思い返すと、ジュースを買うお金があるのなら組織に寄付をしなさい、ということなのだと思います。

また、家庭では組織の出版物を用いた、母による宗教教育(子ども個人を指導する「家庭聖書研究」と家族全体で行う「家族研究」がありました)がほぼ毎日行われていましたが、ある時、部屋で天井に浮かんでいた数個の風船(恐らく父と出かけた時にもらってきたもの)に目を付けられ、「研究に集中する邪魔になるから」という理由で、針で1個1個割られていき、全てゴミ箱に捨てられました。宗教教育中に風船で遊んだわけでもないにも関わらず、宗教教育の事前準備として「邪魔なもの」が排除されていたのです。風船が割られていく度に、自分の胸が文字通り痛みを感じたのを覚えています。

父が買ってくれた本も処分の対象でした。
父がいない時に、母が私の手からその本を奪い取り、教科の演習問題のページだけを残してそれ以外のページ(環境問題やいじめの問題を扱ったページを含む。暴力的・卑猥な内容のページは一切ありません)が破り取られ、読めないようにビリビリに破られて捨てられました。
図書館から借りた学習まんがの本などを読むことが許される時もありましたが、集会で「神の業を第一に」などということが特に強調された日には、上記のような徹底した「邪魔なもの」の処分が行われました。
ものみの塔を盲信しているがゆえにこのような突然予測の付かない行動を取る母のことを、ますます信用できなくなっていきました。

そして子どもたちが「悪魔に影響されていないか」調べるために、子どもがいない時に勝手に机の中をあさり、隅々まで持ち物やノートの内容の点検が行われていました。2階の部屋で一人で過ごしている時にも、すごいスピードで1階から駆け上がってきて突然部屋のドアを開け、私がきちんと「個人研究」(組織の書籍や冊子の内容をさらに詳しく理解するために勉強すること) をしているかのチェックが行われることも日常茶飯事で、大変不快な思いをしていました。プライバシーなど全くありませんでした。

テレビは、父のいる休日以外はほとんど観せてもらえませんでした。観る番組にも制限があり、基本的に歌番組は禁止で(「この世」の思想に影響されているから)、ドラマも禁止、アンパンマンさえも「戦いがあるから」という理由で禁止でした。(どの番組を禁止するかは各信者の家庭で異なっており、「竜が出てくるから」という理由で「日本昔ばなし」も禁止していた家庭やテレビそのものを処分した家庭もあります)
一方、父がいる時には何も言わずに自由に子どもにテレビを観せているように振る舞っていました。組織や信者の親たちは「裏表のある生活をしないように」と指示していたのに、母や周りの信者たちはしばしばそのような裏表のある行動を取っていたので、その矛盾した言動に疑問を感じていました。

こうして信者・非信者問わず、人に対して不信感を持つようになっていき、その状態は組織を離れてからも長い間続いていきました。

小学生の頃から自殺願望が始まり、心を回復させるために努力していく

ものみの塔の冷酷な教義と信者である母からの虐待ゆえ、不眠に悩まされていた幼児の頃から、眠る時に「今夜こそはぐっすりと眠って二度と目が覚めなければいいのに。二度と朝が来なければいいのに」と願っていました。そしてものみの塔を起因とする、ネットでは公表できないようなこともされてきたこともあり、小学生の頃には「生まれてこなければ良かった」と思うようになりました。

学校で高熱が出て保健室から母に連絡が行き、母が迎えに来てくれたこともありましたが、家に着くと母は高熱の私を一人残して「再訪問があるから」と出かけていきました(再訪問とは、ものみの塔の教義に興味を持った家の人を再び訪問する布教活動のことです)。家に母がいないほうが私は安心できたのでその状況でも良かったのですが、心の片隅で寂しさを覚え、「やはり私は要らない存在なんだな」と感じていました。

あらゆる規制と恐怖、絶望感のもと、小学校高学年の頃には「せめて死ぬ時位は自分の決めた場所と方法で死にたい」と、夜中に家を抜け出して、死ぬのに最適な場所を探しに行ったり、手首に包丁を当てたり、中学生になる頃には自殺をする方法を調べたりしていました。ただ、ものみの塔は自殺を禁じていましたので「通り魔が私を殺してくれるか、事故死するのが一番良いのかもしれない」とも思っていました。

2013年に病気で緊急入院した時には、もし安楽死させてもらえるのなら、その方法を取っていたかもしれないくらいの激しい苦痛に襲われましたが、それでも「限界を超えたら死ぬことができるし、何よりもこうして大勢の医師や看護師たちが私のために動いてくださっている。これだけでも、誰にも頼ることができなかった子ども時代に比べたらはるかにましだ」と感じるほど、心身の苦痛を味わい続けた子ども時代でした。

そのように常に生きる限界を感じつつも、よく学校で偉人伝やノンフィクションの本などを読んで歴史上の人物や逆境を乗り越えた人たちから勇気をもらっていたこと、良き先生方や学友たちに恵まれていたこと、そして10代になってからは、年の離れた幼い妹を虐待から少しでも守らなければいけない、と感じていたために心にブレーキがかかり、今でも生きています。

組織にいた頃からアルコールを飲み始め、ハルマゲドンへの恐怖やどこにもぶつけることができない怒り、苦しみ、悲しさを麻痺させようとしていました。また組織にいる間も、離れてからも、精神安定に効くと言われるサプリを飲んだり、自己啓発系の本や、逆境から立ち直った人の本を読んだりもしてみましたが、その一方で時々自分をコントロールすることができなくなり、暴言を吐いたり暴力をふるったりする日々が続くことになります。

勉強や仕事に対しての感覚

私は子どもの頃から学校の勉強は好きでしたが、ものみの塔の教理を学ぶことよりも学校の勉強が好きである自分を自分で否定していました。また、そのようなことを口に出して言うことなど許されない状況でした。

その原因の一つは、少しでも多くの時間を宗教活動に使わせ、心の焦点をエホバに当てさせようとする熱心なJWである母の元で育ったためです。これは模範的な信者としては正しい行動です。また、「聖書の教え(実際にはものみの塔の教理)を学ぶことが最高の教育である」、「エホバに奴隷として仕えなさい」と組織から刷り込まれていたためだったとも思います。
長きに渡り将来の夢も希望もなく、「生活ができるだけの仕事があればそれでいい」というスタンスでした。

組織が指示していた信者の生活の優先順位が、1.集会参加とそれに伴う予習 2.伝道 3.食べていくための仕事 4.個人研究 5.自分のための時間 とされていたことが一因だと思います。(参考

参考:「エホバの証人の教えの奥義」ちょー入門 – 昼寝するぶた
ものみの塔の教理や子育て方法、脱会を難しくさせているシステム、脱会後、特に2世は心が回復するまで非常に時間がかかるということが載っています。

次回に続きます。『ずっと死のうと思ってた – ものみの塔(エホバの証人)の2世信者として長く苦しんできたこと(第3回)

スポンサーリンク


コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

電子書籍の紹介

このサイトについて

元エホバの証人(JW)2世の川島と申します。2000年に自然消滅(ものみの塔組織から平和的に離れること)をすることができました。
現在は保育関係の仕事をしながら、病気も経験しつつも心穏やかな日々を送っています。
どんな過去があっても、人は幸せになれる、ということを伝えていきたい、そして子どもたちの人権を踏みにじる行為を防ぐ力となりたいと思っています。
当サイトが、ものみの塔からの脱会と脱会後の助けになりましたら、また多くの方の心に灯をともすことができましたら幸いです。
また、JWについて一般の方々にも知っていただくきっかけになれたらと願い、JW以外の内容のブログも多く綴っております。

過去のブログ記事

サイト内検索